おとぎ話「桃太郎」を題材にした⼩説×舞台×映画のメディアミックスプロジェクト『桃源郷ラビリンス』が始動

SPICE

2018/8/7 13:00


日本のおとぎ話の一つで、日本文化遺産にもなった「桃太郎」を題材にした、小説×舞台×実写映画のメディアミックスプロジェクトが始動する。2018 年 8 月7 日(火)に発売となる小説『桃源郷ラビリンス』の発売を皮切りに、2019 年春に舞台化、2019 年秋には映画化も決定した。


本プロジェクトは、岡山出身・在住の作家、岡山ヒロミが“桃太郎が現代に転生したら”という妄想の元『桃源郷ラビリンス』という本を執筆したことから始まった。岡山県協力のもと 2019 年春には舞台化、さらに 2019 年秋には映画が上映されるなど一大プロジェクトへと飛躍している。


さらに、実写映画の監督・映像はヨリコジュン、舞台の演出・脚本は菅野臣太朗が務めることが決定。現在活躍中の2人演出家がタッグを組むこととなっている。また、主人公で桃太郎の転生者「吉備桃太郎(きび ももたろう)」を演じるのは、ミュージカル『刀剣乱舞』や舞台『文豪ストレイドッグス』など話題作に多数出演する鳥越裕貴が抜擢された。日本の誰もが知るおとぎ話「桃太郎」の新たな物語がこの夏、スタートする。
⿃越裕貴
⿃越裕貴

作家・岡山ヒロミ コメント


地元びいきで吉備津彦(桃太郎)と温羅の妄想を脳内で繰り広げていたところ、この度ご縁あってこのような形になりました。果報者です。

実写映画・舞台に出演するキャストは後日発表となるので、続報を待とう。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ