加藤綾子「天才て言われました」 女優業について語るも上田がツッコミ!

8月5日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に、フリーアナウンサーの加藤綾子が登場し、フジテレビを退職以来、女優業に進出するなど順風満帆な芸能生活を送っている彼女の女優業への反響、そして先輩アナウンサーからの証言に、MCのくりぃむしちゅー・上田晋也もツッコミまくりの展開となった。


加藤「深夜に、高島さんに長電話してます」


上田が「女優さんの仕事もやりがいがあるんじゃないの?」と聞くと加藤は「そうでしたね。途中で演技のレッスンに何回か通って、声の出し方を低めにして喋ったら違う、良くなったって言われましたね」とエピソードを語る。

さらに「結構好評だったんじゃない? 女優、加藤綾子は」と上田が尋ねると加藤は「お母さんとかは、第1話で名刺を渡すシーンくらいしかなかったんですけど『すっごい良かったよ!』みたいな。昔ピアノを習ってた先生からも『天才です』って言われました」と暴露し大爆笑。上田はこれに「君の周りは君をダメにする人しかいないね」とツッコんでいた。

そして、フジテレビ時代の先輩だった高島彩からの証言が紹介される。「(加藤は)彼女にしたい女性NO.1。一緒にいるととにかく楽しくて、何でも買ってあげたくなっちゃう」と明かされ、加藤も嬉しそうな表情をする。

しかし、加藤にやめてほしい事が紹介されると空気が一変。「夜中の1時過ぎに電話をくれて、2時間くらいマシンガントークで話し続けるところ。夜はちゃんと寝たほうがいいと思います」といわれると、加藤は「(高島も)楽しそうに喋ってたんですよ」と弁解するが上田は「(高島は)子供もいるし、お母さんというか主婦だから、クソ迷惑だよね、夜中に2時間も喋られたら。お前オールナイトニッポンかって話だし」とツッコみ、大爆笑となった。

加藤は「向こうが眠そうにしてるのかは敏感に感じ取れるんで、何回かは『えっ、大丈夫ですか』って聞きますよ」とさらに弁解するものの「でもその答えを聞く前に喋りかけてますね」と自ら話好きであることを認め、苦笑していた。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ