立秋とは名ばかりの猛暑

日直予報士

2018/8/7 12:02

きょう(7日)は立秋。きょうから暦の上では秋ですが、きょうも九州では午前中から35度前後まで気温が上がっている所があり、立秋とは名ばかりの猛暑となっています。この先お盆や8月下旬にかけて厳しい残暑が続く見込みで、ことしの暑さは長期戦になるでしょう。引き続き熱中症などに十分ご注意ください。

●きょうも猛烈な暑さ!

きょう(7日)は二十四節気の『立秋』です。暦の上では秋が始まりますが、きょうの九州も立秋とは名ばかりの猛暑が続きます。きょうも黄海付近に中心を持つ高気圧に覆われ朝から強い日差しが照りつけ、ハイペースで気温が上がっています。きょう午前8時頃からは30度を超え始め、きょう午前11時までに鹿児島県南さつま市で35.3度、福岡県久留米市と大分県日田市で34.6度まで気温が上がっています。きょうの予想最高気温は佐賀市と熊本市、大分県日田市で37度、福岡県久留米市、宮崎県都城市で36度など、内陸部を中心に猛暑日が続く見込みです。こまめな水分補給など、熱中症対策をしっかりとおこなってください。

●暑さは長期戦

あす(8日)の九州は一時的に北から比較的乾いた空気が入るため、これまでの猛暑がいくぶん和らぐ所もありますが、その先お盆や8月下旬にかけて厳しい残暑が続く見込みです。ことしは長期戦の暑さになりますので、引き続き熱中症などの体調管理や、農作物の管理などに注意が必要です。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス