ドラマ「文学処女」主題歌はSonar Pocket新曲に決定

dwango.jp news

2018/8/7 12:00


MBS/TBSドラマイズム「文学処女」の主題歌に、2018年9月3日でデビュー10周年を迎えるSonar Pocketの30枚目のシングル『君の名前』が決定した。

ドラマ「文学処女」は、LINEマンガ編集部のオリジナル作品「文学処女」を原作として、恋を知らない女・文芸編集部の月白鹿子と、恋ができない男・人気小説家の加賀屋朔の歪な関係から生まれる遅咲きの恋の様子を描いた作品。2016年7月から現在まで「LINEマンガ」無料連載にて連載中で、オリジナル作品における1話あたりの閲覧数および「いいね」数で1位を獲得するなど、LINEマンガオリジナル作品を代表するタイトルのひとつとなっている。

『君の名前』が主題歌に決定し、メンバーは「今回、主題歌を担当させていただくことを光栄に思います。主題歌としてドラマをサポートできるように、原作をしっかり読んだ上で主人公の心の描写に寄り添いながら歌い上げました。ドラマ作品とともにこの楽曲もみなさんに愛していただけると嬉しいです。」と語っている。

『君の名前』は9月4日発売で、初回限定盤Bには「文学処女」の原作者である、中野まや花の描き下ろしジャケットが封入されている。新たなアーティスト写真も、前作『やばば』とは180度違うシックな装いに落ち着いた表情のものに。デビュー10周年を迎える、大人なSonar Pocketが垣間見える。

「本当に大切な人と、ずっとずっと傍で歩んで行きたい、そんな想いを詰め込んだ楽曲です。」と語る、この楽曲は8月11日に出演するコカ・コーラ SUMMER STATION LIVEで初歌唱が予定されている。

今回のシングルのリリース・イベントも既に決定しており、アルバムに向けて各地のファンに笑顔の花を届けて行く予定となっている。発売前日の9月3日には、東京・お台場ダイバーシティ東京プラザ フェスティバル広場にて10周年を記念したイベント「Sonar Pocket 10th Birthday」を開催。こちらでは、先日アナウンスされた10月10日リリースのアルバム『flower』の初回限定盤Cの豪華ブックレットのページを作り上げるプロジェクトが企画されている。記念イベントの模様を撮影し、アルバムのブックレットページに使用するという“ファン参加型企画”だ。

あなたにおすすめ