身体が硬くてもできる!腰の疲れを和らげるヨガポーズ

美LAB.

2018/8/7 11:50

体が硬くても出来る!腰の疲れを和らげるアルダ・ウッターナ―・アーサナ 
こんにちは、コラムニストの愛子です。今回ご紹介するのは、前屈のポーズの1つ。前屈が苦手な方って多いのではないでしょうか。そこで、体が硬い方にも取り組んでいただけるように、軽減方法も併せてお伝えいたします。ぜひトライしてくださいね。

◆アルダ・ウッターナ・アーサナ(半分の前屈のポーズ)
アルダには「半分」、ウットゥカータには「強く伸ばす」という意味があります。

(1)両足を揃え、姿勢を正して立つ。
(2)両手を腰に添える。
(3)息を吐きながら前屈し、指先を床につける。
(4)息を吸いながら、お腹を引き締め腰から背中を真っすぐ伸ばす。視線を少し前の床に向け、首の後ろを伸ばす。5呼吸を目安にキープ。 
半分の前屈のポーズ
(5)息を吐きながら、ふくらはぎと太もも裏の裏側の伸びを感じる。
(6)息を吸いながら、お腹を引き締めてゆっくり体を起こし、(1)の状態に戻る。
◆軽減方法
上記のやり方が辛い方は、無理をせず下記の方法を試してみてください!

・床に指先が付かない場合は、手を脚(太もも・脛など、体の状態に合わせて調整してください)に添えておきましょう。

・足を閉じて行うのが辛い方は、足を腰幅程度に開いて行っても構いません。

※どちらの場合も、腰が丸まらないように、腰から背中を真っすぐ伸ばしておきましょう。
◆ポイント&効果
~ポイント~
・息を吸う度に、上半身を遠くに伸ばし、息を吐く度にふくらはぎともも裏の伸びを意識すると、ポーズを深めやすくなります。

~期待できる効果~
・脚の柔軟性を高める
・腰の疲れや腰痛を和らげる
・背中のストレッチ
・集中力を高める
・ストレス解消
腰痛
◆おわりに
体の状態に合わせて行えるので、体が硬い方も無理なく取り組んでいただけると思います。気持ち良さを味わいながら、少しずつ体を変えていきましょう!
Photo by fotolia

あなたにおすすめ