田中みな実「美肌」のために皮膚科「1回30万円」の衝撃に賛否が燃える

まいじつ

2018/8/7 11:06

田中みな実 
(C)まいじつ

8月6日にバラエティ番組『女が女に怒る夜』(日本テレビ系)が放送された。フリーアナウンサーの田中みな実とお笑いコンビ『ガンバレルーヤ』のよしこが美容にお金を費やすことに対して議論を展開した。結果、田中が皮膚科やエステ、美容院に多額のお金を費やす行為をめぐって賛否両論が沸き起こった。

この日の番組では、女性の出演者がひな壇に座り、日頃感じている不満を披露し合った。田中は「お金がかかる女」と扱われることが気に入らないと明かした。別の女性から肌のきれいさをほめられ、通っているエステ店や使っているトリートメントを教えたところ「こんなに高いとは知らなかった」と遠回しに嫌味を言われた、とため息をついた。「30歳を超えて自分のためにお金を使って何が悪いんですか」とまくし立て、周囲を笑わせた。

1回30万は高いか、必要経費か


これに「反論」したのがよしこだ。田中のように金がかかる女は「嫌い」と話す。よしこは肌が荒れ気味で、田中と番組で共演したときに相談したところ、皮膚科を紹介してもらったという。よしこがその皮膚科をインターネットで調べると、1回通院するたびに30万円かかることを知り「どこ紹介してんだろ」と思ったと明かした。

さらに田中がよしこのムダ毛を触り「かわいい」とはしゃいだことも明かすなど、終始よしこは田中に対して怒りを感じた様子。田中は「悪気はなかった。皮膚科も(健康)保険で安くなっている」と否定したが、このやり取りを見た視聴者は田中の経済力をうらやみながら、田中の言動、行動を批判した。

《30万の話が本当なら、お金使って直すべきは皮膚科ではない》
《30万惜しげもなく出せる経済力はうらやましい》
《悪気がないのは分かるが、心の奥底で人を見下しているのでは》

一方で田中擁護の声も見られた。

《他の出費抑えてでも、高い皮膚科に通ったりして今の容姿があるんだよ》
《田中みな実とよしこじゃ、お金をかけるとこが違う》

このように賛否が分かれる結果となった。

お金の話をすると「やっかみ」が生まれるのは確かなようだ。

あなたにおすすめ