横山裕の華麗なボールさばきに視聴者大興奮 『絶対零度』第5話

 俳優の沢村一樹主演のドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第5話が6日に放送され、劇中で横山裕演じる刑事が、高校のバスケ部に外部指導員として潜入し、華麗なボールさばきを披露すると視聴者から「カッコよすぎる!!」「イケメンすぎて死んだ」などの大反響がSNSに寄せられた。

【写真】『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第5話フォトギャラリー

井沢(沢村)たちの前にやってきた東堂(伊藤淳史)は、ミハンシステムがリストアップした新たな危険人物が17歳の高校2年生の岡崎直樹(道枝駿佑)であることを告げる。彼は、成績はトップクラスで、バスケットボール部のエース。父親は文科省官僚の岡崎治(吉満寛人)というエリートだ。世田谷区では動物殺傷事件が相次ぎ、防犯カメラの映像から直樹に疑いがかかっていた。

東堂は、動物への虐待や殺傷は殺人事件を起こす予兆であるとして、過去の犯罪事例を提示。そこには、25年前に起きた練馬台無差別殺傷事件も含まれていた。山内(横山)は、バスケ部の外部指導員として青葉中央高校に潜入。一方の小田切(本田翼)と田村(平田満)は、制服警官に変装し、岡崎家の周辺から情報を集めようとする。そこに現れたのが、凶悪犯罪のルポを出版しているジャーナリストの川上邦明(近藤公園)だった。

外部指導員としてバスケ部に潜入した山内は、早速、直樹から1on1での勝負を申し込まれる。山内は、硬いガードで直樹のシュートを阻み、華麗なドリブルと精度の高いシュートで勝負を制した。山内を演じる横山は、中学時代に大阪選抜に選ばれたほどの腕前の持ち主。そんな彼が見事なボールさばきを披露すると視聴者からは「カッコよすぎる!!」「イケメンすぎて死んだ」「最高」などの反響がSNSに殺到。さらに「あんな先生いたら1秒で好きになる」「先生モテちゃうよ」などの声もツイートされていた。

劇中のクライマックス、直樹は3Dプリンターで作った拳銃を持って文科省へ乗り込み、無差別発砲を敢行。無表情に次々と引き金を引いていく直樹の姿に視聴者からは「真顔で撃ち始めた!!!怖すぎぃ!」「衝撃的すぎ。。。」などの声がネット上に寄せられ、さらに直樹を演じた、関西ジャニーズJr.の道枝の怪演について「サイコパスみっちーかっこよすぎた」「道枝くんまじこわい」などのツイートも投稿されていた。

あなたにおすすめ