若き日のジャック・バウアーを描く『24』前日譚シリーズが製作中!



日本に第2次海外ドラマブームを巻き起こしたアクションドラマ『24 -TWENTY FOUR-』(以下『24』)は、世界中でも大ヒットを記録した作品だ。1話で1時間の出来事を描き、1シーズン24話で1日の出来事を描き切る革新的なスタイルでも話題となった。

放送終了から随分と月日は流れたが、その人気は今も健在。ここにきて、なんと若き日のジャック・バウアーを描く前日譚シリーズの製作が進行していることがわかった。

・『24』ってどんな作品!?
『24』は、CTU(テロ対策班)のジャック・バウアー捜査官が次から次へと事件に巻き込まれ、テロ組織に果敢に立ち向かっていくアクションドラマだ。

2001年から8シーズンにわたりオリジナルシリーズが放送され、シーズン6&7のつなぎ的な特別エピソード『リデンプション』と復活版『リブ・アナザー・デイ』も製作された。いずれもキーファー・サザーランドが主人公のジャック・バウアーを演じている。

その後、2017年にアフリカ系俳優コーリー・ホーキンス(『ウォーキング・デッド』のヒース役)を主役に迎え、スピンオフ版『24:レガシー』としてシリーズが甦るも、全く視聴率が振るわず打ち切りに……。

・前日譚シリーズにキーファーは出演しない!?
やはり『24』の主人公はジャック・バウアーでなくてはいけないのか……と製作スタジオが悟ったのかどうかは不明だが、次なる主人公は若き日のジャック・バウアーに決定。“若き日” というからには、さすがに51歳のキーファーが演じることはなさそうだ。

英エンタメ情報サイト『Digital Spy』によると、その点について放送局FOXの会長が、「キーファーは出演しないが、なんらかの形で新シリーズに携わる可能性はある」とコメントしている。前日譚では、若き日のジャック・バウアーがいかにオリジナルシリーズで描かれたジャック・バウアーになるに至ったかが描かれるらしい。

ジャック・バウアーの他に、彼の右腕的存在だった分析官のクロエやCTUのトニーも登場し、「実は主要登場人物の人生が過去でクロスオーバーしていた……なんて隠し味があれば面白いのにな」なんて思ってしまう。

・他のフランチャイズ作品も進行中!
そして『24』は前日譚シリーズだけでなく、女性を主人公にしたフランチャイズ作品の企画も進んでいるという。

オリジナル版と同じく各エピソードが1時間単位で描かれ、主人公の女性検事が有罪に追いやった死刑囚が実は無実で、ハメられた陰謀を暴くべく奔走する……というストーリーになるようだ。

こちらも期待できそうだし、さすが “『24』ブランド” は強し! 続々と新企画が浮上し、放送開始から17年経っても『24』フィーバーが収まる気配はなさそうだ。

参照元:Instagram @24onfoxDigital Spy(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る
Related Stories

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス