「ウチのガヤ」チョコレートプラネットインタビュー 「ヒロミさんは部活のOBで、後藤さんが顧問の先生みたい(笑)」

毎週火曜、日本テレビ系にて放送中の「ウチのガヤがすみません!」(夜11:59-0:54)。8月7日(火)の放送では、関根勤、稲村亜美がゲストで登場。孫を溺愛する関根のために、ガヤ芸人たちが「子供にウケる鉄板ネタ」などを披露していく。

今回、同番組に“ガヤ芸人”として出演中のチョコレートプラネットにインタビューを敢行。放送開始当初から出演する彼らだからこそ感じる番組の魅力や、ガヤ芸人同士の関係性などについて語ってもらった。

■ 「いつ振られるかわからないので、常にスイッチは入れてます」(長田)

――まずは、今回の収録を終えられていかがでしたでしょうか。

長田庄平:やっぱり「ウチのガヤがすみません!」は毎回ゲストさんが豪華なので、本当にワクワクするんですよね。

松尾駿:「え、この人、実在したんだ?」っていう…。

長田:何か、“ツチノコ感覚”という感じの(笑)。一応、自分たちもタレントではあるんですが、本当に素人の頃に戻っちゃうというか。テレビで見ている視聴者の感覚で見てしまいますね。

――今「ゲストが豪華」というお話もありましたが、お2人の考えるこの番組ならではの魅力とはどんなところでしょうか?

長田:このご時世、若手の芸人がずらっと並ぶ番組は少ないので、そういう意味では本当に貴重な番組だと思っていますし。僕たちもすごく鍛えられますね。

松尾:僕はIKKOさん(の物まね)をひな壇でやり始めたのは、「ガヤ」が最初だったので、本当に感謝しているんです。あとは、本番前にみんなが準備している時のピリピリとした感じがたまらないですね(笑)。

長田:収録中は、いつ後藤(輝基)さんやヒロミさんからのフリが来るか分からないので、常にスイッチを入れてますね。気を抜いていると、急に振られた時に何も答えられなくなってしまうので、それだけは本当に避けたい気持ちがありますし。

なので、収録中(気持ちのスイッチは)一切オフにできないですね。ぶっちゃけて言うと、2時間ちょっとの収録で自分たちが話す時間はそんなに無いかもしれないんですが、終わった後はクタクタになります。

松尾:目が合ったら(ヒロミさんと後藤さんが)振ってくると思うので、行けない時は目を逸らせたりしているんですけど、たまに後藤さんが、(こちらが)背中を向けているのに振ってくる時があるんです(笑)。それだけは本当に怖いので勘弁してほしいですね。

■ 「誰かが何かをやり出したら、周りのみんなでMCにアピールしてます」(松尾)

――お2人は、他の芸人さんを紹介するコーナーを担当されるなど、「ガヤ芸人のまとめ役」というイメージもありますが、そういった役回りに対して意識されていることはありますか?

長田:そうですね、僕らが紹介して出てくる芸人さんが、よりスムーズに自分のネタを披露できる環境を作るというか、(視聴者が)より自然に見られるように意識しています。

こちらが崩れてしまうと、芸人さんが見せたいものを見せられなくなってしまう可能性があるので、そこは気をつけていますね。邪魔にならないようなプレーンな進行を心がけています。

松尾:みんな個人個人で好きにやっているように見えますが、だんだんチームワークみたいなものが出てきていて。芸人同士でそういう申し合わせをしているわけじゃないんですけど、「今〇〇が行ってるから、あんまり行くのはやめよう」とか、みんな心のどこかにあると思うんですね。

なので、僕らが他の芸人さんを紹介している時「行けそうだな」と思っても、「今はこの人の時間だから引こう」ってなります。「ガヤ」を1年半ちょっとやってきた中で、(それぞれの持ち味が生きるように)自然とそうなっていきましたね。

――お2人は「有吉の壁」(日本テレビ系)など、芸人さん同士のコンビネーションが生きる番組に多く出演されていますが、この番組で芸人さん同士の中で起こる“化学反応”のようなものを感じることはありますか?

松尾:化学反応というか、誰かが何かをやりだしたら、「おっ?おおっ?」って周りのみんなで反応して、MCに気づかせてあげるという作業はやるようにしています。僕らが「えっ?何?」ってやりだすと、カメラマンさんとかみんながワーッと反応するので(笑)。

長田:「ガヤ」はひな壇が両サイドにあるので、ヒロミさんと後藤さんの視線があちこちに向いているんです。どうしてもお2人が追いつけないところは出てしまうので、「面白く膨らみそうだな」と思ったところは、そうやって広げていくというチームワークはあります。

■ ヒロミは「根は優しいヤンキーの先輩」!?

――そんなヒロミさん、後藤さんの印象は、番組を通して何か変化しましたか?

長田:やっぱり、ヒロミさんがガヤ席に座って休憩する時間がだんだん長くなってきたなという(笑)。

松尾:最初はそんなこと無かったんですけどね。何か、部活の先輩が来たような雰囲気です(笑)。

長田:そうですね、先輩が授業を抜け出して遊びに来て、それに対して後輩たちが「早く戻った方がいいっすよ」って言ってるような感じです(笑)。

松尾:ガヤが部活だとして、僕らが現役の部員だとしたら、ヒロミさんはOBで、後藤さんが顧問の先生みたいな(笑)。

――では、ヒロミさんの方が「ガヤ芸人寄り」というか、距離的に近いということでしょうか?

長田:あ~、そうかもしれないですね。ヒロミさんの方が空気感は僕らと近いのかな。後藤さんは結構「回し役」的な感じなので、そこはちゃんと(MCのお2人の中で)立場を区別されているというか。

松尾:そうですね。なので、「巻き込んで何かをやるんだったらヒロミさんと一緒にやろうか」っていう。

長田:そこをちゃんと受け入れてくれる優しさというか、安心感があるんです。

松尾:悪いけど根は優しいヤンキーの先輩みたいな(笑)。

長田:面倒見がめちゃくちゃいいっていう(笑)。

■ あの「自由すぎる芸人」に戦々恐々!?

――お2人がひそかにライバル心を抱いて芸人さんはいらっしゃいますか?

松尾:ああ~、僕は…Mr.シャチホコですね(笑)。和田アキ子さんの物まねの。

長田:物まねというジャンルですからね。枠として脅かされているところはあるので。クオリティも高いですし、ちゃんとフリにも毎回100点で返しているのがすごいなと思います。

松尾:本当に面白いなと思っているんですけど、心のどこかで2割くらい「スベれ!」って思ってます(笑)。毎回絶対にウケてるんで。あそこはライバルですね。

長田:あと、ライバルという観点ではないかもしれないんですが、うらやましいのはキラキラ関係のワタリ119です。もう何してもOKじゃないですか(笑)。「事故(=放送事故級の展開)を起こしてもOK」なキャラってすごいですよね。僕らは事故を起こしたら地獄みたいな空気になるんですけど、彼はそれが芸であり、武器になっているのがうらやましいですね。

■ 「竹内涼真くんはあんなにイケメンなのに僕らを下に見ないんです(笑)」(長田)

――これまでの放送で、お2人の中で印象深かった回はありますか?

長田:何だろうな…。やっぱり、「好きな芸人は誰ですか?」って聞かれた有村架純ちゃんが僕らを指名してくれた時ですかね。ビックリしましたね。「えっ!」て思いました。

松尾:ほかの芸人がそれを言われているの毎回見ていたので。フースーヤとか…。

長田:脳みそ夫さんとか、旬な芸人が言われていたんですが、僕たちはその時が時が初めてだったので印象に残っています。

松尾:朝ドラも見てたんでたまんなかったですね…(笑)。あとは、竹内涼真くん。

長田:2回番組に来て下さったんですけど、最初の収録の後に「ご飯食べに行きましょう」って言って連絡先を交換してくださったんです。とは言え「さすがに口約束だろうな~」と思っていたら本当に連絡をくれて、実際にご飯食べに行けたのですごく印象に残ってます。

松尾:めちゃくちゃいい匂いするんですよ(笑)。

長田:めちゃくちゃいい子だしね。あんなにイケメンだったら、最下層にいる僕らクラスの芸人はもうちょっと下に見ますからね(笑)。(僕らからしたら)すごいヒエラルキーの上にいる人なので。

松尾:あとは、三代目J Soul Brothersの登坂広臣さんが、「ガヤ」でIKKOさんのネタをやっている僕らを見て、グループの中でまねしてくれているって聞いて。そういう普段関わらない方にやっていただけるのはうれしいですね。

■ 「鶴瓶さんは僕らのことを“物まね芸人”だと思っているらしいです(笑)」(松尾)

――今後お2人が番組で挑戦したいこと、やってみたいことはありますか?

長田:何でしょうね? 逆に僕たちが連れてきたお薦めの芸人を紹介する企画をやってみたいですね。プレゼンし合って、誰の後輩が一番面白いか決めたいですね。あとは、一本まるまるネタ対決をしたいです。

松尾:ヒロミさんも「誰のネタが一番か決めるのをやってみても面白そうだな~」って前に言ってたんですよね。

長田:この番組には初期から出させていただいているんですけど、本来のネタのスタイルでは出ていないので(笑)、しっかりとしたネタを見せられたことがないんですよね。

松尾:この番組は(笑福亭)鶴瓶師匠が見てくださっているらしいのですが、僕らのことを「物まね芸人」だと思っているらしいんです(笑)。

普段「ガヤ」を見てくれている人たちでも、僕らがどういうネタをやっているか知らない方も多いので、ネタをみんなでやってみたら面白そうですね。藤井21くんは「ネタがない」って言っていますけど(笑)。

長田:まあ、アイツは呼ばなくていいと思います(笑)。

■ 関根勤の「芸人愛」は必見!

――それでは、最後に今回の関根勤さん、稲村亜美さんゲスト回の見どころを含めて、視聴者の皆さんにメッセージをお願いします!

長田:関根さんの「芸人愛」を第一に見ていただきたいですね。

松尾:あんなに芸人のすべてを笑ってくれて、いいところを拾ってくださる方はいないんですよ。

長田:番組がご一緒した時、いつも楽屋へあいさつに行かせていただくんですが、毎回必ず5~6分いい所を言ってくださるんですよ(笑)。「この前のあれ良かったよ~!」って。

松尾:芸人みんなにそうしてくださるんです。なので、楽屋からスタジオまでの間に芸人がいたら、関根さんは全然進まないんです(笑)。

長田:僕らも知らないような芸人を知っているので、「どこで見ているんだろう?」って思いますよね。

松尾:あとは、僕らが初めてテレビに出させていただいたのが関根さんの番組だったので、感慨深いものがありました。

長田:稲村さんはやっぱり、めちゃくちゃ可愛かったですね。

松尾:めちゃくちゃ好きなタイプでしょ?

長田:本当に。あの太ももたまりませんでしたね。もう一回テレビで絶対見たいです(笑)。

松尾:稲村さんも本当によく笑って下さる方で。いつも(収録の)雰囲気は良いんですが、今回は特に雰囲気が良くて。ほんわかした素敵な回になっているので、それが伝わればいいなと思います。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/157310/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス