X JAPANのToshl「モンブラン」を猛勉強『99人の壁』で連覇狙う

8月15日(水)19時から、早押しクイズ番組『超逆境クイズバトル!!99人の壁 夏の大花火』(フジテレビ系)が放送される。MCの佐藤二朗をはじめ、出場者のToshl(X JAPAN)と能町みね子からコメントが到着した。

昨年の大晦日と今年の4月に特別番組として放送され、目の肥えたテレビマニアやクイズフリークたちの話題をさらった『99人の壁』。同番組では、100人の一般公募の参加者の中から選ばれた1名のチャレンジャーが、残りの99人のブロッカーを相手に、早押しクイズで対決。見事5問連続で正解すれば、チャレンジャーは賞金100万円を獲得できるが、1問目は25人、2問目は50人……とブロッカーがだんだん増えていき、最終的に5問目では99人に……。その“99人の壁”を乗り越えなければならないクイズ番組だ。人数で圧倒的に不利なチャレンジャーに与えられた唯一のアドバンテージは、自分の“得意ジャンル”を指定してクイズに挑戦できること。今回は、参加者100人の個性あふれるジャンルで対決する<無差別級>に加え、平成最後の年にちなんで、“安室奈美恵”や“イチロー”など“平成時代に活躍した日本人”に詳しい100人を集めた早押しクイズバトル<平成の日本人編>という2部構成で行われる。

収録を終えた佐藤は、「司会に不慣れなので、前回もそうですが、常に“大丈夫なんだろうか?”とか“俺でちゃんとできてるんだろうか?”とか思っています。でも一緒に作品を作るっていう意味では、ドラマも映画もバラエティもクイズ番組も同じなので、(若手のスタッフも含め)若輩者同士、そういう番組がひとつぐらいあってもいいかなって思います」と振り返る。Toshlも、「緊張感がありました。皆さんの専門分野にどう割り込んでいこうかと、すごく集中しました」と。能町は、「私もすごく緊張したんですけど、近くの席になった人たちと仲間意識が生まれて。“頑張れ”っていう気持ちになって不思議なチーム感が生まれていきました。あれが面白かったですね」と感慨深げに語った。

また、連覇を狙うToshlは、「前回“ガトーショコラ”でグランドスラムを取らせていただいたので、今回もスイーツ系で何がいいかなと思ったんですけど、やっぱり“ガトーショコラ”に続いては“モンブラン”だろう!? と(笑)。“ガトーショコラ”の時もめちゃくちゃ勉強したんですけれども、今回のほうがとにかく勉強して、本当に受験生みたいな気分というか。結構寝る間を惜しんで、レコーディングの合間に文献を読んだりしました」と気合十分で挑んだそう。

そして、第2回大会にも参加した能町は“難読駅名”でリベンジ。能町も、「前回“稀勢の里”で負けちゃったんですけど……地名とかもすごく好きなので、“難読駅名”って小ネタでよく出るじゃないですか。そういうとこだったら対策もしやすいんじゃないかとガチで考えて選びました。でも正直言ってめちゃくちゃ勉強しました」とコメント。

そんな2人を前に、佐藤は、「過去最高のハイレベルな戦いでした。その分野に特化した人たちの壮絶な戦いがみられると思います。あと、僕の髪型に注目してください」とアピールした。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス