BMWの「BMWコネクテッド・ドライブ」がリニューアル。新機能追加とスマホ向けアプリをリリース

clicccar

2018/8/7 08:03


各自動車メーカーが「つながるクルマ」に注力しているいま、BMWは輸入車の中では最も早い2013年に、「BMWコネクテッド・ドライブ」を初めて導入しました。

さらに、スマホ向けアプリの導入や液晶画面がリモコンキーに配された最新キーにより、車両情報やニュースなど(スマホ向けアプリ)へのアクセスを可能にし、オーナーの利便性を向上させるサービスを提供しています。

そのBMWは8月3日、「BMWコネクテッド・ドライブ」をリニューアルしたと発表しました。

最先端技術を活用し、車両とオーナー、情報をつなぐことで、モビリティ・ライフをサポートする「BMWコネクテッド・ドライブ」に新機能を加え、新しいスマホ用アプリ「BMW Connected」とともに、同日より日本で導入されています(iOSのみ対応)。

今回、刷新された「BMWコネクテッド・ドライブ」には、新機能が追加されるとともに、より利便性を高めたスマホ向けアプリも新たに導入。

新アプリ「BMW Connected」は、従来の「BMW Connected」「BMW Remote」など複数のアプリで分散的に提供されてきた各機能を1つのアプリに統合。利便性を高めるだけでなく、オープン・モビリティ・クラウド技術を活用した新機能を導入することで、車両とユーザー、情報をシームレスにつなげられるのが特徴です。

地図機能では、「Send To Car(センド・トゥ・カー)」を提供。パソコンやスマホで事前に検索した目的地を車両のナビゲーションに送信し、速やかに目的地設定ができる機能として、従来から活用されている同機能が、さらに使いやすく改良されています。

新しいアプリ「BMW Connected」を使用することで、スマホがBluethoothで車両に接続された直後、ワンクリックで車載ナビゲーションの目的地設定が可能になっています。さらに、スマホ上で目的地を検索した際に、最新の道路状況を加味した到着予想時刻を表示。

「出発時間通知」は、地図上で検索した目的地とともに、希望到着時間を事前に入力しておくことで、最新の道路状況を加味した適切なタイミングで、出発を促す通知がドライバーに発信されるサービスです。

「Share Trip Status(シェア・トリップ・ステータス)」は、ドライバーの位置情報と最新の道路状況を加味した到着予想時間を、SMSで友人や家族、待ち合わせ相手などに簡単に知らせることができる便利な機能。

こちらも従来から用意されていた「リモート車両サーチ」。今回の改良で、車両までの徒歩ルートを地図上に表示可能になっています。車両情報では、「リモート3Dビュー」を用意。車載カメラによる映像をスマホ上で確認でき、離れた場所から車両の周辺状況を映像で確認可能になっています。「ドア/ウィンドウ開閉車両」により、離れた場所から、ドア、ウィンドウの開閉状況を確認できます。

そのほか、SOSコールなどのほか、メンテナンス、サービスを提供。「サービス・リマインダー」では、車両の法定点検時期や、エンジン、オイルなどの一部消耗品のメンテナンス情報を「BMW Connected」アプリ内でも確認することが可能。

また、「BMW Connected」アプリ内の地図上に、現在地から最寄りのディーラーを表示し、車両のナビゲーションと連動することで、目的地として設定したり、お気に入りのディーラーとして登録したりすることが可能なほか、オンライン入庫予約リクエストの送信や、直接電話することができます。

(塚田勝弘)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス