簡単にできる! 毎月少しずつ貯蓄を増やす5つの方法




貯畜をしたいけどなかなか貯めることができないというあなた。世界を驚かすような発明やカジノで大儲け、宝くじが当選などしない限り突如巨額のお金が手元に入ってくることはなく、私達ができることはこつこつと貯畜を続けること。
今回はそんな貯畜の手助けとなるアドバイスをご紹介します。

毎月少しずつ貯蓄を増やす方法

毎月のお金の流れを観察すること



家計簿をつけたり、銀行口座の明細を見て自分がなににお金を使ったのか確認しているでしょうか? まずは自分自身のお金の流れを確認する必要があります。無料のアプリで家計簿をつけることができるものがあるので、まずは大きな出費が出る予定のない1か月間の収支をつけてみましょう。

給料に対して使うお金のプランを組む

なにに対していくら使うのかを自分の給料に照らし合わせて計画を立てましょう。ひとり暮らしをしている場合には、家賃は必ず出ていきますよね。これと同じように、貯畜も毎月固定の額が出ていくもののひとつに入れてしまいます。
毎月使った分のあまりを貯畜に回すというスタイルではなかなか貯まりませんが、給料が入り次第強制的に貯畜用の口座に移動するように設定をしておくことで自動的にお金が貯まっていきます。
また、月のお小遣いを設定して余った分は次の月に繰り越すのではなく、貯畜口座に入れるようにすると更に貯めていくことができますよ。

財布の中にお金を入れない



クレジットカードよりも現金派の人は財布の中にお金を入れないようにしてみましょう。現金が入っていると、ちょっとコンビニによってお菓子やジュースを買おうと思ってしまうことがあります。でもわざわざ手数料を払ってお金を引き出して300円の買い物をしようとは思わないですよね?
お金が財布に入っていなければ「お金がないからやめておこう」となるはずです。

新しい物を買いそうになったときには代替品を調査する

新しい物が買いたくなったときに、家にあるなにか使っていないものを変わりに使えないか考えてみます。コスメから調味料、収納グッズまで意外と家にあるもので代替できることが多かったりするんです。こうすることで無駄な出費を減らすこともできるし、家に物を増やさずに済みます。

貯蓄する理由を持つこと

結婚資金のため、引っ越しをするため、旅行にいくため、習い事をスタートするためなど貯畜をするための理由や金額の目標を立てるとブレずにコツコツと続けていくことができます。
また毎月の貯蓄額を決めるときに、あまり高い額を設定しすぎないこと。自由に使えるお金が少なすぎても心が荒みます。最初はあまり貯まってきていないように見える貯蓄口座ですが、だんだんと貯まってくるとこれまでまったく貯蓄ができなかった自分がこんなにできたという満足感を得ることができるはずです。

あなたにおすすめ