どこに出会いがある!? 公務員と付き合う方法3つ



理想の結婚相手として常に上位に位置づけられる職種といえば公務員。安定した収入や真面目な人柄のイメージがあるため、婚活や出会いのシーンではいつも女性の人気を集めています。もしチャンスがあれば自分も……と憧れている人も多いでしょう。そこで、憧れだけで終わらせずに、公務員との結婚を実現するための方法はないか、プロの仲人であるマッチメーカーの沢宮里奈さんに話を聞いてみました。

■公務員の男性が求めている理想の女性像は?

公務員の男性との結婚を希望するなら、自分も公務員のパートナーとしてふさわしい女性になるよう努力しなければいけません。そこで、まずは公務員の男性がどんな女性を求めているのかを知っておきましょう。さらに、人気のある公務員が、どんなタイミングで結婚を決意するのかについても解説します。

◇公務員の男性が結婚相手に求める条件は?

☆女性の学歴

公務員の男性は女性の学歴をチェックする傾向があります。特に、きちんとした印象の大学を卒業した女性が好まれています。とはいえ、高卒で公務員になった男性にとっては、女性の学歴はあまり重視するポイントではなく、むしろ高学歴の女性は避けられる可能性も。ですから、自分の学歴を理由に公務員との結婚をあきらめる必要はありません。

☆多忙な生活にも対応できるか

また、どんな職種の公務員かによって、女性に求める条件は変わってきます。たとえば、海上保安庁に勤務している男性なら、1カ月以上、家に帰れないこともありますし、市や県の総合病院に勤める医師としての公務員なら、夜勤があったり緊急の呼び出しがあったりと多忙な生活を送っています。そういったそれぞれの生活に、女性が合わせられるのかといったところも判断基準になります。公務員といえば安定した生活をイメージしがちですが、実際は職種によってさまざま。仕事の内容や性格、結婚生活について具体的に知るためには、結婚相談所などで公務員の男性を希望し、直接会って話を聞くのが一番の近道ですね。

☆品行方正

さらに、公務員という職業は、配偶者の不祥事によってかなりの痛手を受ける側面があります。そのため、真面目な女性が好まれるのはもちろんですが、結婚してからは地域活動やボランティアへの積極的な参加も求められます。そういった立場をきちんと理解してくれる女性かどうかも、公務員の男性はさりげなくチェックしているでしょう。

◇公務員の男性が結婚に踏み切るタイミング

公務員の社会は上下関係が厳しく、古い日本の慣習が色濃く残っていることでも知られています。彼女がいない男性には、上司からお見合い話を持ちかけられることも多いでしょう。福利厚生の一環として、お見合いパーティを計画することもあるようです。“結婚して子どもを持ち、家を構えて一人前”といった考え方も公務員の社会では珍しくないので、結婚は早めの傾向。20代前半から結婚を意識しはじめ、30歳までには結婚する、という男性が大半です。

そのように早めに婚活をスタートする男性が多いので、公務員と結婚したいと考えているなら、女性も早めに婚活をはじめましょう。特に、同年代の女性は求められやすいので、20代のできるだけ早めのうちに、真剣に婚活を進めていくと成功率は高まります。

■婚活で公務員の男性と出会うには?

公務員の男性について傾向をつかんだら、次は公務員と出会えるように積極的に行動していきましょう。お付き合いするだけで終わらせず、結婚までしっかり発展させたいなら、婚活中の公務員にターゲットをしぼって出会うのも得策。結婚を意識している公務員の男性が、どんな場に参加しているのか、具体例をご紹介します。

◇公務員の男性の婚活傾向は?

☆公務員限定のお見合いパーティ

安定した収入が望める公務員の男性は、婚活中の女性たちから熱い視線を常に集めています。そのため、公務員限定のお見合いパーティはいつも大盛況。たとえば自衛隊なら、福利厚生部署とイベント会社がコラボして開催しているパーティもあります。若くて美しい女性がたくさん参加しているので、埋もれてしまわないよう、男性の目を引く努力を怠らないようにしましょう。

☆自治体が主催する婚活イベント

自治体が主催する婚活イベントも増えていて、公務員の男性も多く参加しています。市や区で配られるチラシや、自治体広報のPRサイトを頻繁にチェックし、チャンスを逃さないように注意してください。引っ越してもかまわないと考えているなら、自分の住んでいる地域以外の婚活イベントも探してみましょう。人口の少ない地方での婚活イベントも狙い目です。

☆結婚相談所

結婚相談所なら、確実に公務員の男性と出会うことができます。「公務員」と検索したり、さらに具体的に「外交官」などと検索することもできるので、合理的に相手を見つけることができます。公務員の男性は奥手な性格の人が多いのですが、結婚するまでカウンセラーにフォローしてもらうサービスもあるんです。上手に男性の背中を押してもらえれば、結婚への道のりも早まりそうですね。逆に、婚活サイトや婚活アプリのようなツールは敬遠されがちです。公務員の男性は、女性の経歴を把握しておきたいと考える人が多いので、身元がハッキリしない婚活方法はあまり人気がないのです。そのため、効率よく公務員の男性と出会いたいと思っている女性には、結婚相談所をぜひオススメします。

◇女性がアピールすべきポイントは?

☆きちんとした生活をイメージさせる

結婚後のきちんとした生活をイメージしてもらえるよう、真面目さや清潔感、ていねいな言葉づかいは必須です。たとえその男性の前でキレイに話していたとしても、ほかの人からの電話に出たとたんに言葉づかいが変わってしまうのを見られたら、男性も興ざめです。普段から品のいい行ないを心がけ、上辺だけでなく、内面からきちんとした生活が送れるよう身につけておきましょう。

☆家族や交友関係

公務員の男性は女性の身元を気にする傾向があるので、家族や交友関係についての話題はアピールしておくのが正解です。もしSNSを利用しているなら、家族や友人との交流がわかるようさりげなく発信しておくのも手です。相手のことがよくわからないうちは、SNSが内面を探るツールになります。投稿の写真やプロフィール写真だけでなく、日々のつぶやきも男性はきっとチェックするでしょう。そのため、ほかの男性との交流がわかるような投稿は控えておくのが賢明ですね。

☆積極的すぎるアピールはNG

公務員の男性は奥手な人が多いのですが、かといって女性が自分から積極的にアピールしすぎると、あまり良く思われずに失敗します。相手が自分に気がないと感じるようであれば、きっぱりとあきらめて、別の人にターゲットを変更しましょう。そうやって、あまり相手に対して執着せず、サッパリとした態度で接するほうが、意外とうまくいきますよ。

■きちんとした女性に見られるよう、日頃から気をつけて

真面目で誠実なイメージのある公務員の男性ですが、結婚相手にもきちんとした女性を求める傾向があるようですね。化粧やファッションで変えられる外見とはちがい、内面の美しさは毎日の行ないや習慣によって磨かれていくものです。公務員の男性といつ出会ってもいいように、日頃からきちんとした生活を心がけ、「この人となら……」と思わせる女性としての魅力を身につけておきましょう。

(文:沢宮里奈、構成:朝日絵美瑠)

※画像はイメージです

あなたにおすすめ