安達祐実「母親っていろいろ背負って生きている」<健康で文化的な最低限度の生活>

モデルプレス

2018/8/7 07:00

安達祐実/モデルプレス=8月7日】女優の吉岡里帆が主演を務め、安達祐実がゲスト出演するドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(関西テレビ・フジテレビ系、毎週火曜よる9時~)の第4話が7日に放送される。

今作は、吉岡演じる新人ケースワーカー・義経えみるの成長を描いたヒューマンお仕事ドラマ。安定を求めて公務員になったものの、配属されたのは生活保護受給者と向き合う激務必至の「生活課」。えみるは、受給者たちの壮絶な人生に直面し、困惑しながらも奮闘。目の前で困っている誰かのために、汗をかきながら自立への手助けをしていく。

◆「健康で文化的な最低限度の生活」第4話



第4話では、シングルマザー・岩佐朋美(安達祐実)が登場する。えみるの同期・七条(山田裕貴)が担当する受給者で、6歳の娘の育児にも前向きで、働く意欲も高い朋美。しかし、気丈に振る舞う姿の裏で朋美は、“自分はこんなはずじゃない”、“早く働かなければ”と焦る。さらに、元夫のDVで受けた心の傷を抱えており、育児の負担も大きく、同年代の女性と自分の境遇を比べては、誰にも言えない葛藤にさいなまれていた。

一方、七条は、自分も母子家庭で育ったことから、一日でも早く就職してもらい、生活保護から脱する手助けをしようと、「頑張りましょう!!」と繰り返していた。それが重荷になったのか、ついに朋美は音信不通に。えみるはささいなことから朋美の異変に気が付き、七条に注意を促すが…意見がかみ合わない二人は大げんかに発展していく。熱さゆえに、朋美への対応に思い悩む七条に上司の京極(田中圭)がかけた言葉は…?

◆安達祐実、心に葛藤を抱えるシングルマザー役を好演



朋美を演じる安達は「切羽詰まった状況ですが、ここまでいかなくても、金銭面とか、誰にも協力を頼めない時とか、子育てしていると共感できるなと思うところがありました。シングルマザーだから、自分が子どもを食べさせていかなければならない。だから働きたい、けれど子どもがいるから働けない。この悪循環は理解できました。自分の中に理想の母親像があるのに、そうなれていない、子どもに対する申し訳なさや、かわいそうなことをしてしまっているという罪悪感……。母親っていろいろ背負って生きているんです」と同じ女性として、母親として、演じながら思うところは多かったそう。また七条とのやり取りについては「受け取る側の心の状態もあるので、一筋縄ではいかない。人それぞれパターンが違って正解がないだけに、人間関係は難しいですね」と語った。

七条と朋美をはじめ、意見が食い違う七条とえみる、上司と部下の関係である京極と七条、同僚同士の半田と京極などなど、それぞれの思いを背負いながら進んでいく、第4話。まさに相手のために、良かれと思った言葉が本当に相手のためになっているのか?その“優しさと思み”を考えさせられるストーリーに。最後に安達は「この作品は、社会的弱者に焦点を当てていますが、実際に知らない話ではないし、身近にあることだと思いました。人に寄り添っていける作品なので、どの立場の人でも、感動があったり、反省だったり、いろいろ感じられるドラマです」と語った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス