二宮和也「木村(拓哉)さんと一緒に作品を作りたいとずっと思っていました」と熱いハグ!

雫井脩介原作の同名小説を映画化した「検察側の罪人」(8/24金公開)の完成披露試写会が6日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、木村拓哉二宮和也、吉高由里子、大倉孝二、八嶋智人、音尾琢真、芦名星、原田眞人監督が登壇した。

今作は、都内で起こった強盗殺人事件の捜査方針をめぐって対立する2人の検事を描く物語。複数いる被疑者の中から、一人の男に狙いを定め、執拗に追い詰めていくエリート検事・最上を木村が、最上を師と仰ぐ部下の検事・沖野を二宮が演じている。

イベント冒頭、ステージ中央に登場した木村と二宮が熱い握手を交わし、ハグをすると、4000人の観客からは盛大な歓声が。互いの印象について聞かれた木村は「カメラが入っていても入っていなくても、どこでも胸を張って言えることなんですけど、これほど一緒に作業をする上で信頼できる共演者は珍しいですし、頼りがいのある後輩だと思います」とコメント。その言葉を聞いた二宮は「いい人生ですよね、本当に」と嬉しそうに語り「真面目な話になっちゃうんですけど、立ち位置もスタイルも変えず、ずっとトップを走り続けてきた木村さんという人と一緒に作品を作りたいとずっと思っていました。それが平成の最後にギリギリ滑り込めたんじゃないかと。それだけで恵まれているのに、こんな言葉までもらえるなんて、感謝です」と熱いメッセージを返した。

また、イベントでは、検察事務官の橘を演じた吉高由里子が、木村を「タクちゃん」呼びし、二宮が「そういう言い方はやめなさいよ!」と気を使っていたなど、笑いが起こるエピソードがたくさん披露された。イベントは終始明るく盛り上がったが、最後の挨拶では、二宮が「楽しいのはここまでです(笑)。非常にズシンと来る作品になっているんじゃないかと思います」、木村も「本当に、今ニノも言いましたが、今の『あ~楽しかったな』というのは、本編が始まったと同時に消え去ると思います。考えさせられる時間を過ごしてもらうことになると思いますが、最後までしっかりと受け止めてもらいたいと思います」と、重厚な作品に挑んだ役者としての顔をのぞかせていた。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/157447/

あなたにおすすめ