トヨタとの資本関係を解消した「いすゞ」新たにEV新会社との提携模索か?

clicccar

2018/8/7 06:03


2006年11月に欧州乗用車向けの小型ディーゼルエンジン共同開発などで資本提携を結んだいすゞとトヨタでしたが、本年8月3日に両社は資本提携解消を発表しました。

欧州各国がディーゼル規制強化に動き出したことから、トヨタはHVに軸足を置くようになり、具体的に協業が進展しなかったようで、1.6Lの小型ディーゼルエンジンを共同開発し、北海道に新工場を建設して生産を始める検討を進めていたそうですが、その後打ち切りに。

提携解消にあたり、トヨタは資本提携時に取得したいすゞの株式5,000万株をいすゞに売却するそうで、成長戦略を描き直すため、新たなパートナーが必要になるいすゞの今後の動きに注目が集まっています。

そうしたなか、日経新聞によるといすゞの瀬戸常務執行役員が「EV C.A.Spirit(トヨタ×DENSO×マツダで設立したEVの基盤技術開発会社)との協業について検討を開始している」と述べたそうです。

トヨタとの資本関係は解消するものの、次世代技術での新たな連携については有り得るとしており、「100年に1度」と言われる自動車業界の大変革の時代を生き抜くために、いすゞは今後、電動化により商用車市場における競争力を向上させる取り組みを加速させて行く考えのようです。

(Avanti Yasunori・画像:いすゞ)

【関連記事】

2018年4~6月期決算が好調のトヨタ、米国が検討中の「追加関税」発動時の影響を懸念
https://clicccar.com/2018/08/06/615743/

2018年上半期のレクサス世界販売が過去最高を記録。販売台数32.8万台(+7%)
https://clicccar.com/2018/08/03/615126/

トヨタが米国で販売する人気SUVは輸入車。追加関税導入なら車両価格アップ
https://clicccar.com/2018/07/25/611926/

【関連リンク】

ISUZU http://www.isuzu.co.jp/index.html

EV C.A.Spirit
https://www.ev-cas.co.jp

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ