出産直後に死んだ我が子を頭の上にのせて泳ぐ母シャチ(カナダ)<動画あり>

一部の生物学者によると人間以外に悲しみという感情を持つ生物がいるとのことだが、イルカやシャチも例外ではないと言われている。このほどカナダで、死んだシャチの赤ちゃんを頭の上にのせて一緒に連れて泳ぐ母シャチの姿が捉えられた。『The Seattle Times』などが伝えている。

カナダのブリティッシュコロンビア州沖合で先月24日、シャチが死んだ我が子を連れて泳ぐ姿が米ワシントン州に拠点を置くクジラ研究センターにより確認された。母シャチは個体番号からJ35またはタレクア(Tahlequah)と呼ばれ、絶滅危惧種に指定されているサザンレジデント・キラーホエールズ(Southern Resident Killer Whales)と呼ばれるシャチの群れ75頭のうちの1頭である。

発見当日にタレクアは400ポンド(約181.5キロ)の赤ちゃんを出産したが、その30分後に我が子が息を引き取ってしまった。しかしその子を放置せず頭の上にのせたり、フィンを使ったりして離れないように一緒に連れて泳ぎだしたのだ。

『The Seattle Times』によると、クジラなどの種は出産後に我が子が死んでしまった場合、一緒に連れて泳ぐことは珍しいことではないと伝えている。しかしながら研究員は、タレクアを観察してから3日目の時点で「これまで見た中で悲しみの時間が最も長い」と述べている。

すでにタレクアは、1週間以上も我が子の亡骸を連れて毎日6ノット(時速約11キロ)で60~70マイル(約96.5~112.6キロ)もの距離を泳いでいるとのことだ。タレクアの泳ぎは通常の速さよりも遅いため、群れから遅れをとっているがその家族らが交代で見守っているという。

タレクアを観察する研究員らは健康状態に影響があるのではないかと心配するとともに、不憫でならない気持ちでいっぱいだった。ワシントン大学の保全生物学の研究者で非営利団体「ワイルド・オルカ(Wild Orca)」の研究部長であるデボラ・ジャイルズ氏(Deborah Giles)は、次のように語る。

「タレクアがこのままでは体調を崩すのではないかと心配でなりません。現在20歳で繁殖適齢期の雌ですが、この種を存続させるためにもタレクアは欠かせない存在なのです。」

「おそらくこの1週間、何も食べていないのだと思います。この母子のことを思うと悲しくてしょうがありません。タレクアは大きな苦悩を感じていることでしょうが、この悲しみの先に何が起きるのか私にも分かりません。」

「子供は息を引き取ってから7日が経ちますが、未だ無傷で綺麗なままです。おそらく冷たい海水によって腐敗せずにいるのでしょう。また時折その子が滑り落ちて沈んでいくことがありますが、タレクアはそのたびに疲れた体にムチ打つように急いで海面で息を確保し、海中深く潜って我が子を連れ戻してくるのです。」

「もう見ていて耐えられそうにありません。タレクアはいつ、この悲しみを終わらせるのでしょうか。いずれタレクアが決断しなければならない時が来るでしょう。」

研究員らによるタレクアの調査は今も続いているが、観察がスタートしてから10日後の今月2日現在、二度と息を吹き返すことのない我が子をそばに連れて泳いでいるとのことだ。

画像は『The Seattle Times 2018年8月1日付「Grieving mother orca falling behind family as she carries dead calf for a seventh day」(Ken Balcomb / Center for Whale Research)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

あなたにおすすめ