親父「男にはウソをつくべき時がある。大切な人を守る時、あと…」続く言葉に、息子絶句!

grape

2018/8/7 04:00


※写真はイメージ
父が息子に人生の教訓を伝える。

何だかステキなシーンを想像してしまいます!

「男として、こうあってほしい」「男同士だからこそ分かることを伝えたい」…そう考える父親は少なくないでしょう。

そんな父と息子の会話をツイートした、べいたん(@Iari0a)さん。

途中までは、いい感じだったのですが…。

男がウソをつくべき時

※写真はイメージ

父:
男にはウソをつかなければならない時がある。

父が息子に語りかけたのは『ウソ』に関すること。

「ウソをつくな」と教えるのが正論だとすれば、「ウソをつかなければならない時がある」と教えるのは、人生を生き抜くための知恵ととらえられます。

息子:
どんな時?

息子の疑問に答える父。

「さすがお父さん!」とうなってしまうような言葉。

確かに、こうった時は「ウソをつかなければならない」といえます。

ところが、続く言葉に息子は絶句することに…。

どんなシチュエーションでの話をしているかは想像にお任せしますが、父のカッコいい話は台無しですね…。

一連のやりとりをツイートしたべいたんさん。

「笑った」「息子に大人の動画をうながしちゃダメだろ!」と多くのコメントが寄せられました。

オチに惑わされてしまいますが、「大切な人を守る時」「絶対に譲れないものがある時」にはウソをつかなければならないこともあります。

最後の言葉が画面に表示された時にウソをつくか否かは…「息子の判断に任せる」ということなのかもしれませんね!


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ