『dele(ディーリー)』、“怪物化”する山田孝之を受容する菅田将暉の反射神経


 まれに演技の面白さだけで成立してしまうドラマがあり、現在テレビ朝日系で金曜夜11時15分から放送されている『dele(ディーリー)』がまさにそういう作品だ。

主演を務めるのは菅田将暉山田孝之

物語の舞台は、デジタル遺品(スマートフォンやパソコンに残ったデータ)を消去する業務を請け負う会社「dele.LIFE」。25歳のなんでも屋・真柴祐太郎(菅田将暉)が、車椅子のプログラマー・坂上圭司(山田孝之)の元で、死んだ依頼人のことを調べるうちに、意外な事実が明らかになっていくという、現代的な探偵ドラマである。原案・パイロット版の脚本は小説家の本多孝好が担当していて、すでに小説版も刊行されている。

この作品を見ていて思い出すのは、70年代に放送されたテレビドラマ『傷だらけの天使』(日本テレビ系)だ。探偵会社の末端調査員として仕事をする小暮修(萩原健一)と弟分の乾亨(水谷豊)が主人公の本作は、深作欣二や神代辰巳といった名監督の参加する作品だったが、何より萩原を筆頭とする俳優陣の掛け合いが面白いドラマだった。

本作もストーリー以上に、菅田と山田の軽妙なやりとりに引き込まれる。最初に印象に残るのは、山田演じる坂上のしゃべり方だ。坂上は、相手とコミュニケーションを取る気がまったくなく、目の前にいる真柴のことを意に介さずに早口でしゃべる。キャッチボールで言えば、受け取った球を間髪入れずに豪速球で返し、しかもストライクゾーンから離れた大暴投なのだが、そんな暴投をしっかりと受け止めて、キャッチボールを成立させてしまう真柴の反射神経がすごい。

今作の菅田は、2000年代初頭に窪塚洋介が連続ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)や映画『GO』で見せたような、身体性を感じさせる軽妙な演技を見せている。

第1話冒頭、駅のホームで真柴は警察に取り押さえられ、そのまま裁判のシーンに入る。ここでの真柴は、しゃべりは淡々としているのに、佇まいは飄々と、常に体のどこかが動いているので見入ってしまう。体全体が、いつもふわふわしていて自由に見えるのだ。荒々しいアクションシーンから始まるため、動物的な印象を受けるが、裁判官の質問に対して早口で論理的に話すことから、頭の回転は早いのがすぐにわかる。

菅田は器用な俳優だ。映画『帝一の國』のようなケレン味の強い漫画的なキャラクターもいけるが、平凡な役、例えば映画『銀魂』の志村新八のような薄味のキャラクターも演じられる。そういえば、俳優デビュー作となった特撮ヒーロードラマ『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)も『dele』のような探偵モノの体裁だったが、菅田が演じたのは、本作で山田が演じている坂上に近い、引きこもりの天才プログラマーだった。

役者の配役は過去作のイメージで起用されることが多いため、菅田が坂上を演じてもおかしくないものの、今回の菅田は明るくて優しい青年役だ。さまざまなキャラクターを演じるスタンスは、ともすれば器用貧乏な俳優として印象が薄くなってしまいがちで、主演を演じても脇役に回っても、菅田将暉として鮮烈な爪痕を残しているのは、すごいところだ。今の20代の俳優の中では人気も力量も頭一つ抜けていると言ってもいい。

一方の山田は、今の30代俳優の中では異質すぎてほかと較べようがない。特に10年代に入ってからは、今まで演じてきたイケメン俳優の枠から抜け出し、『闇金ウシジマくん』(TBS系)等の作品で強面の男を演じるかと思えば、ドキュメンタリードラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』(テレビ東京系)で本人役として出演し、どんどん“怪物化”している。本作の坂上も、山田の怪演に目が行くが、そんな怪演を平気で打ち返す菅田の反射神経の方に驚かされる。

真柴が面白いのは、依頼人の遺族と関わる時、いつも正体を偽っていることだ。つまり、情報を探るために別人として振る舞う、「演技をしている演技」という二重の芝居をしている。何の迷いも持たずに別人と振る舞えてしまう真柴は、どこか不気味だ。また、友達がいないから自分の葬式なんか開きたくない、という坂上に、「奇遇だね。それ、俺もだわ」と返す真柴には、明るく見えても実は孤独で、坂上と似たもの同士なのだとわかる。

坂上と真柴の関係も複雑で、一見すると坂上が「陰」、真柴が「陽」という関係に見えるが、どうも一筋縄ではいかなそうだ。『傷だらけの天使』のような兄弟分にも見えるが、実はすごく対等で、反目しながらもお互い通じ合っているのだ。

ドラマの評価は、2人の関係を最終的にどう描くのかにかかってくるのだろうが、山田孝之と菅田将暉の演技の応酬を見るという、贅沢な時間を毎週味わうだけでも、今、見る価値のある作品である。
(成馬零一)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス