アラサー女子がやってはいけない恋愛のタブー4つ




アラサーになって周りを見渡してみれば、友だちも次々と結婚し、出産ラッシュ……なんてことが珍しくありません。そうなるとつい気持ちも焦って、あなたの気持ちに応えてくれない男性を必死に引き留めようとしたり、しがみついたりしていませんか。でもそれは一番やってはいけないことかもしれないのです! ということで今回は、アラサー女子がやってはいけない恋愛のタブーについてご紹介します。

やってはいけない恋愛のタブーとは?

1: 「あなただけ!」って気持ちは持たない

たとえ相手が振り向いてくれなくても、追いかけてしまう情熱的な気持ち。たしかに恋愛テンションも上がります。アラサーになって「ここまで好きになれる人は他にいない」という思いもあるでしょう。でも追いかけても、追いかけても手に入らない、これってまるで中毒のように心を支配してゆくものです。
ひょっとして恋というより、「恋に恋している」状態なのかもしれません!

2: 振り向いてくれない彼を追いかけない



10代の青春真っ盛りの頃は振り向いてくれない相手を一途に思うような恋愛も一つの経験として素晴らしいでしょう。でも年齢を重ねていくうちに自分の好みのタイプや恋愛スタイルもはっきりしてくるはず。そうしたニーズを満たし、あなたの良さをちゃんと理解してくれる人こそお相手として相応しいと思いませんか。
どんなに好きでも、今ちゃんと振り向いてくれない彼はきっとあなたを幸せにはしてくれないでしょう。

3: 男性にしがみつかない



アラサーになったらひとりの大人としてどう生きていきたいのか、自分の人生にもハッキリと責任を持たざるを得なくなってきます。他の誰も幸せを保証してくれるような人はいないのです。結婚や出産などを考えても女性としてとても大事な時期、だからこそ自分の幸せをとことん優先的に考えても良いはず。
明らかに自分を幸せにしてくれない男性にしがみつくよりも、もっと自分を大事にしてくれる相手を探すほうが重要な気がしませんか。

4: 恋に対して自己肯定感を下げない

「何があっても私は私、自分という人間をダメな部分も含めて受け入れるし、愛せるわ」という気持ちこそ自己肯定感。
そんな自己肯定感が高いことが幸せな恋愛をする上での大前提。自分をよく理解しているので、自分に合った自然体な恋愛を見つけられるのです。でも自分に振り向いてくれない彼に心が奪われていると自己肯定感だって下がり、「私なんて」と自分を否定的に捉えるようになり幸せな恋愛をますます遠ざけてしまいます。

まとめ

もし報われない恋に疲れて、とてもつらいと感じたら、ムリして頑張ろうしないで。本来恋をするってとても楽しいことだし、日常生活にもハリが出てとても充実感を覚えるものです。あなた自身を輝かせ、幸せを心の底から実感できるのが本当の恋愛、今の恋がそうでないなら思いきって手放して、新しい恋の可能性を探ってみましょう。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ