ミスったら、ただのブスなので。上手にかわいく彼に「弱さを見せる」方法って?

ハウコレ

2018/8/6 21:00



どうもあかりです。「弱い部分を見せる」

たしかにこれは、愛されるためのひとつの方法です。男子は女子が自分に弱さを見せてくれることで、「俺は特別なんだ」と感じることができますし、そして、そうやって弱みを知ることを通して、その子の人間性をより深く知り、そして、さらにその子にハマっていくからです。

だけど、弱みを見せるのにはちょっとしたコツが必要で、ただがむしゃらに見せたんじゃ「闇深すぎる」「いきなり重すぎる」といったネガティブイメージをもたれてしまうおそれすらあります。そこで今日は、上手な弱みの見せ方について、私なりのアドバイスを差し上げましょう。

■1.早すぎ厳禁
まず気にしてみてほしいのは、弱さを見せるタイミングです。

例えば「実は昔こんな嫌なことがあって……」といった弱みは、たしかに「あなたに心を許してもらえたからこそ」聞くことができるという意味で、これを話してもらえることは光栄です。だけど、早すぎはいけません。相手が、「たしかに俺は、弱みを見せてくれるにふさわしいだけの信頼を築いたよな」と自分で実感することができるくらいの時間とデートを重ねてからでないと。まだ数回しか会っていない、付き合ってたった数日みたいな段階で暗い過去の話をされても、「誰でもいいから聞いてほしかっただけじゃないの?」とありがたみを感じてもらえません。

もちろん、「私すごいさみしがりやなんだ……」みたいな内容的にもすごく軽い弱みであれば、序盤から出していっていいんですけど、要するに、関係の深さと、弱みの大きさとが、ちょうどバランスよく比例しているかどうかを確認してみてねということです。

■2.「いつもこんなじゃないんだけど……」を添えて
1で少し書きましたが「誰でもいいから聞いてほしい」というわけじゃないことを彼にしっかりと伝えることは重要です。そのために、弱みを見せるときのコツとして、「今まではあまりこういうことを打ち明けられなかったんだけど」「君だからこそ話したいと感じた」といったようなセリフで特別感を伝えてあげることは非常に大切です。「いつもはこんなじゃないんだけど、ごめん。なんか君と付き合ってからすごいやきもちばっかり焼いてるんだよね」みたいにね。

そして、もしもそのように伝えてしまうことが嘘になってしまう(いつも、だれと付き合っても自分はそうなる)んだとしても、わざわざ自分から「私はいつもさみしがりや」「誰と付き合っても束縛するタイプ」などと言って「君は、私の今までの元カレたちと同じです」と伝える必要はありませんので、黙っておくか、あるいは嘘でもいいので「いつもはこんなじゃない」と方便を使ってあげましょう。

■3.相手の様子をうかがって
また、弱みを見せるときには、必ず相手の余裕をうかがいながらにしましょうね。男子が「こいつ重い」「闇深い」「ネガティブすぎる」「支えきれない」などといって逃げ出すとき、それは彼女の悩みが大きすぎたわけではありません。そうじゃなくて、彼に今その悩みを受け止められるだけの余裕があるかどうかを十分に確認せずに、自分のペースでバーッて思いのたけをぶつけてしまったからです。

どんな人にも、恋人の弱さを受け止められる余裕があるときもあれば、逆に、仕事やプライベートの大変さのせいで自分のことで精いっぱいのときがありますが(そうですよね?)、相手が今、どっちなのか。お話をしていて、これをきちんと察することができずに突っ走ってしまう人は、「重い」と言われますし、逆にこれを上手に察して、相手に余裕があるときに存分に甘える人は、「甘えんぼ」「かわいい」と評価されます。

■おわりに
その人との関係性の深さと、自分がこれから話そうとする弱みの大きさはバランスとれているかどうか。あとは「いつもはこんな私じゃない」と、彼の特別さを伝えること。そして必ず、彼にあなたの弱みを受け止める余裕があるタイミングを選ぶこと。この3つと、それから最後に、話し終わってから、必ず話を聞いてくれた彼に「聞いてくれて、ありがとう。楽になりました!」と伝えること。

これを守ってさえいれば、自分としては、彼にもっと自分のことを知ってほしくて弱みを見せたはずが、「もうお前のこと、お腹いっぱいだわ」なんて思われてしまうことにはならないはずです。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ