「彼好みの女」になりたい! どこまで彼に合わせるべきなの?

yummy!

2018/8/6 21:00


「彼好みの女」になりたい! どこまで彼に合わせるべきなの?

彼氏にもっともっと愛されたい。「彼好みの女」になりたい。そう思ったときに一番わかりやすい方法って、「彼に合わせる」ことですよね。
しかし、男性は本当に何もかも自分色に染まってくれる女性を求めているのでしょうか? 実際に男性が求めている「自分好みの女」とは一体どんな女性なのか、気になるところ。
そこで今回は、「彼好みの女」になりたい! でも、どこまで彼に合わせるべきなのかわからない……。そんなお悩みを抱える女性に、大切なポイント3つをご紹介したいと思います。

1.女子のけなげな姿は好印象!



まず始めに。男性は、自分のために頑張っている女子の姿にグッとくる! これは全男性共通のもの。
だから、彼にもっともっと愛されるために彼に合わせようとするあなたの気持ちは、すごく正しいんです。
「彼に合わせようとする女性なんて魅力的じゃない」と、言う人もいるかもしれませんが、彼に合わせようとすることは彼を知ることにも繋がりますし、あなたが彼を大切に思っている証拠。
だって、相手との関係をよくするために、相手を理解して歩み寄ろうとするのってすごく当り前のような気がしませんか?
あなたが彼に合わせようとするけなげな姿を、彼は必ずうれしく思ってくれますよ。

2.キーワードは「一緒」



「彼に合わせよう」と思ったとき、大切にしたいキーワードは「一緒」です。
「一緒」というのは、彼に合わせることで彼とあなたが一緒に楽しめたり、一緒に同じ気持ちを味わうことができるかどうかということ。
たとえば、趣味。彼の趣味に合わせることで、彼と同じ時間、あなたも同じ楽しみを味わうことができますよね。
もし彼に応援している野球チームやサッカーチームがあるのなら、彼に合わせてそのチームを一緒に応援してみるのもオススメ。そうすれば一緒にはしゃいだり落ち込んだり悔しがったり、彼とあなたが気持ちを共有できます。
彼に合わせることで、彼とあなたがもっともっと充実した時間を一緒に過ごせるかどうか。これがすごく重要。
彼だけが満足してあなたは我慢しているようなら、それは決して「合わせるべきこと」ではないのです。

3.彼に合わせすぎてはいけない



「彼に合わせること」と、「彼の言いなりになること」とは全く別のことです。そのことを絶対に忘れてはいけません。
彼に合わせることで、確かに彼は喜んでくれるかもしれません。あなたも、彼に合わせることの喜びを知ったかもしれません。
でも、そんなときは、ちょっとブレーキをかけて! もっともっと彼から愛情をもらいたいからといって「彼色」に染まろうとするのは危険です。
男って、自分のために頑張ってくれるけなげな女子の姿を愛おしく思うし、そういう彼女の姿を求めているのも事実。でも、だからといってあなたが「あなたらしさ」を失うことは決して求めてはいません。
彼に合わせすぎることは「あなたらしさ」を失ってしまうことにもなります。そうすることで彼は「あなた」という人間に興味を失い去っていくか、最悪、あなたを精神的に支配しようとしてくるかのどちらかです。
彼と合わせることの快感に溺れてしまわないよう、充分に気をつけてくださいね。

まとめ



いかがでしたか? 彼に合わせることで今まで味わうことのできなかった幸せを発見できるはず。
でも、だからといって、彼に合わせることで彼の愛情を永遠のものにできるわけではありません。
「彼好みの女」というのは、彼に従い何もかも彼に合わせる女性ではなく、「あなたらしさ」を忘れず、彼と一緒に楽しい時間をともに過ごせる女性のことなのです。
(遠矢 晶子/ライター)

あなたにおすすめ