愛され続けて33年…“夏季限定”自家製「アイスクリーム」店とは?

TOKYO FM+

2018/8/6 20:30

東京に住む人たちの声を聴きながら、パーソナリティの堀内貴之が今を切り取るテーマをリスナーと共に考えていくラジオプログラム、TOKYO FM「シンクロのシティ」。番組内のコーナー「東京地元めし」では「東京にある隠れた名店」をご紹介しています。といっても単なる名店ではありません。ここでご紹介するのはリスナーのみなさんが推薦してくれた「自分が通っているイチオシのお店」。レポーターの安竜うららが味わいのある名店に伺い、美味しいだけじゃない人気の秘密を探ります。



今回伺ったのは、自由が丘駅から徒歩6分のところにあるアイスクリーム屋「ラ・リューシェ」。



リスナーの方からこんなメッセージをいただききました。
「夏にしかオープンしない自家製アイスクリーム屋さん『ラ・リューシェ』。自由が丘の駅から徒歩6分です。毎年3ヵ月間のみ、 先月半ばから開店してるようなので、9月中旬までです。うららちゃん、美味しい自家製アイスクリームを堪能して!! 味のほうも、色々と揃えています。あっ、私のイチ押しは、ラムレーズンです! ぜひ、ご賞味あれ」(ラジオネーム:屋上緑化コーディネーターさん)





自由が丘駅から徒歩6分。九品仏駅からは徒歩5分の奥沢という地区にお店を構える「ラ・リューシェ」。シンプルな店内には、平日だというのにお客さまがたくさん。



今回お話を伺ったのは、シェフの皆川豊さん。ラ・リューシェ独特のアイス製造について伺ってきました。

うらら:ラ・リューシェは毎年夏季限定でオープンしているお店なんですね!

皆川:はい。基本は6月半ばから9月半ばくらいまでです。アイスは夏が繁忙期なので、夏に集中しようということで、 こういったスタイルに。今年で33年になります。

うらら:夏季の営業以外の時期は何をされているんですか?

皆川:普段はパティシエなんです。田園調布に「レピドール」というケーキとお菓子のお店があり、実は(ラ・リューシェは)そのレピドールの工場だったんです。今もこの2階がラボになっています。その工場で、夏季はアイスクリーム屋をやろうという流れで。

うらら:そうだったんですね! アイスはかなりの種類があり、入れ替わりもあると伺いました。これだけあると選べない~!

皆川:基本的に毎日ショーケースに並ぶのは20種類弱。それが日々変わっていきます。旬のフルーツを使ったものもありますし、お菓子屋なので製菓材料で美味しいものを使ってアイスクリーム、 シャーベットを作ってます。新鮮さを保つため、毎日作ってその日の分だけ作って売り切るスタイルです。

うらら:アイスは賞味期限がないイメージでしたが、 やはり新鮮さで味が変わってくるものなのですね。

皆川:フルーツを使っている生ものなので、時間が立つと多少劣化があり、風味が飛ぶので新鮮さを大事にしていますよ。シャーベットにする前にフルーツを完熟までもっていく管理もある。タイミングを間違えないように、 最高のポイントでフルーツを使うようにして、味に反映させるように気をつけていますね。毎日来られる方もいるので、3ヵ月間毎日気が抜けないというか。

うらら:実際アイスをいただきましたが、シャーベットもアイスクリームも味が濃くて口あたりなめらかで美味しい~! そして提供までが早い!

皆川:うちのアイスは、ほかより設定温度が高いのでやわらかいんですよ。冷たすぎると味が分からないでしょ。また海外のアイス・ジェラート文化では、イタリアは食感を重視した作りで、フランスは濃さや味重視という特徴があるんですが、ウチはちょうどその真ん中になるような作りを心がけています。毎年来てくれるリピーターさんが多く、6月のオープン時には、「今年もよろしくお願いします」から始まるんです(笑)。

今回いただいたのは2種。「マスカットルージュ」という赤いマスカットのシャーベットは、フルーツ実物を食べているかのような濃厚さ! 「ラムレザン(ラムレーズン)」も、大きくふっくらしたレーズンと、上品な口あたりのアイスクリームが、ひと口で贅沢な時間をくれます。お客さまが持ってきたフルーツを、アイスクリームに加工するサービスもやっているのだとか。

その「ひと口」のために次の夏を待ちたくなる! 満足度120%な「ラ・リューシェ」。
東京地元めしに認定です!

【ラ・リューシェ】
住所:東京都世田谷区奥沢6-28-1
電話:03-3705-5051
営業時間:12:00~19:30 定休日:水(夏季のみ営業)
※2018年の営業は9月17日(月・祝)まで




安竜うらら(女優・レポーター)


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年8月7日(火) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:シンクロのシティ
放送日時 :毎週月~木曜15:00~16:50
パーソナリティ:堀内貴之、MIO
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/

あなたにおすすめ