音楽ビジネスの次のフロンティアであるアジア、中国市場を学ぶ夏季口座が開講

Billboard JAPAN

2018/8/6 20:11



山口哲一氏が主催する2018年夏季【ニューミドルマン養成講座】の内容が発表された。

2018年夏のテーマは、「音楽ビジネスのフロンティアに挑む~アジア、中華圏に誕生する巨大マーケットの最新情報」。音楽の聴き方がストリーミングへと移行した結果、市場が国内のみならずグローバルに広がっている音楽マーケット。その流れは日本にも到来しており、邦楽のビッグアーティストのストリーミング解禁が、次々にスタートしている。

また、中国IT企業が政府の後押しを得て、本格的なストリーミングサービスを始めたことで、アジア市場が活況に。日本においても、次のビジネス戦略の突破口として中国は大きく注目されている。この流れを受け、今期のニューミドルマン養成講座では、中国に注目し、今すぐできることから、3年後に起こることを視野に、アジア音楽市場攻略法を考える。

◎講座内容
第1回:2018年8月23日(木)19:15~20:45
「最新海外音楽事情~エンターテックの時代におけるアジア」
鈴木貴歩(ParadeAll株式会社)+山口哲一

第2回:2018年8月30日(木)19:15~20:45
「エイベックスのアジア戦略と中国での儲け方」
高橋俊太(エイベックスアジア代表取締役社長)+山口哲一

第3回:2018年9月13日(木)19:15~20:45
「2020年以降のアジアマーケットを考える」
山口哲一+脇田敬

第4回:2018年9月20日(木)19:15~20:45
「アジア音楽配信サービスの現在地」
野田威一郎(TuneCoreJapan代表取締役)+山口哲一

受講料:本講座全4回 正規受講:23,000円(税込)
定員:30名

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス