小林麻耶、「夫は海老蔵似」に猛反論……「強いて言えばピース綾部似」近しい関係者語る


 8月3日、突然の事務所退所を発表した小林麻耶。報道では「引退」ともいわれており、結婚に続き、またしても電撃発表となったが、この間、麻耶は一部マスコミ報道に対して、ある“猛反論”を行っていた。それは、結婚した夫が「市川海老蔵似」と報じられた件についてだったが……。

「麻耶は、結婚発表によって、これまで一部でウワサされていた“海老蔵との熱愛説”を払拭。ところが、『女性セブン』(小学館)に、夫とのツーショットを撮られた上、『海老蔵に似た雰囲気の男性』と報道されたことが心外だったようで、“徹底反論”を展開したんです」(スポーツ紙記者)

同1日付のブログで、麻耶は記事のリンクを貼り付けて、「正直、真逆な雰囲気です。(中略)今までは、ぐっと堪えてきましたが、わたしには大切な旦那様と旦那様のご家族がいます。(中略)海老蔵さんとは、家族です。それ以上でも、それ以下でもありません。何もありませんから!!!」と、海老蔵との関係にも触れつつ、心境を吐露。また、海老蔵も同日付のブログで「記事を見て心苦しく思いましたよ」と、苦言を呈した。

「麻耶が報道に対して、ここまでの“真っ向否定”をしたのは初めて。やはり交際説は、両者にとってタブー扱いなのでしょう」(同)

麻耶いわく「海老蔵とは真逆」という夫だが、各週刊誌ともその正体をつかめていない状況だという。しかし、ことルックスに関しては、「確かに本人たちが言う通り、海老蔵にはまったく似ていない」と、麻耶に近しい関係者が明かす。

「なぜあんな記事が出たのか、周囲も困惑していました。旦那さんに似ている芸能人というと、強いて言えばピースの綾部祐二でしょう。芸能人オーラみたいなものはまったくない、良くも悪くも、どこにでもいそうな普通の男性という感じですよ」

なお、麻耶は6日、ブログのほかに、インスタグラムアカウントを開設。これまでのように、ファンや読者との交流を続けていく意向だが、まったく意にそぐわない報道が出た際には、今後もSNS上で否定メッセージを発信するつもりなのかもしれない。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス