木村拓哉と二宮和也の熱いハグに会場熱狂!「本当に頼りがいのある後輩」

Movie Walker

2018/8/6 20:10

木村拓哉二宮和也が初共演した映画『検察側の罪人』(8月24日公開)の完成披露試写会が、8月6日に東京国際フォーラムで開催され、木村たち豪華キャストと原田眞人監督が登壇。木村と二宮はレッドカーペット上で熱いハグをし、互いに共演した感想を述べた。

木村は後輩の二宮について「これはみなさんの前でも、カメラが入ってなくてもどこでも胸を張って言えることだと思いますが、一緒に仕事をしていて、これほど信頼できる共演者は珍しいし、本当に頼りがいのある後輩かなと」と褒め称えた。

二宮は満面の笑みを浮かべ「僕は平成という時代で、元年からギリギリまで、立ち位置もスタイルも変えずに、ずっとトップで走り続けてきた木村拓哉という人と、一度一緒に作品を作りたいとずっと思っていて。それだけでも恵まれているのに、こういう言葉までいただいて、感謝です。いい人生ですよね」と感激しきりだ。

原田監督は木村と二宮について「サッカーで言えば、木村さんは司令塔で、ボランチ、二宮さんはフォワードでどんどん突張しちゃう」と表現。本作について、「一番強調しておきたいのは、演技パス、演技トーナメントです。最終的には、木村さん、二宮さんの対決というところに誰が勝ち残っていくのかと。撮影していて楽しかったし、2人に刺激をもらいました」と手応えを口にした。

また、二宮は吉高について「(木村のことを)“タクちゃんとか言うんですよ」と言うと、会場がどよめく。吉高が「言ってみたあと、怒るかなと思っていたら」と無邪気に言うと、木村が「怒ってないんだけど、ニノはすごく自分のことを気を遣ってくれて、『そういう言い方はやめなさい』とね」と笑顔で語った。

『検察側の罪人』は、雫井脩介の同名小説を映画化した社会派ミステリー。時効廃止以前の殺人事件や、捜査機関によって生まれる冤罪など、司法制度の闇に斬り込む。木村は、エリート検察官・最上毅役を、二宮は最上をリスペクトする新人検察官・沖野啓一郎役に扮した。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)

https://news.walkerplus.com/article/157394/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス