花火大会の帰り道、2歳児がバイクにはねられ死亡 「運転手もかわいそう」と嘆きも

しらべぇ

2018/8/6 19:30


(key05/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

今年も花火シーズンが到来し、週末には全国各地で花火大会が開催されている。そんな中、花火大会に見物に来ていた2歳の男の子が、バイクにはねられ死亡するという痛ましい事故が発生。インターネット上が騒然となっている。

■花火大会後に起こった悲劇


事故を報じたNHKニュースによると、4日午後9時45分頃、東京都板橋区東坂下の環状8号線で、埼玉県川越市に住む2歳の男の子が、大型バイクにはねられ、病院に搬送されたが間もなく死亡が確認された。

男の子は両親らと花火大会を見物し、帰宅するために駐車場へ向かって歩いている途中だったという。

この事故で、警視庁はバイクを運転していた40代の男性を過失運転傷害の疑いで逮捕。現場は環状8号線に左から道路が接続するT字路の交差点で、事故当時バイクは8号線を直進していたという。

バイクを運転していた男性は…

「子供が車道に出てきて、ブレーキをかけたが間に合わなかった」

と、説明しているという。

■「運転手もかわいそう」の声が相次ぐ


報道を受けて、楽しい花火大会の後で起こった惨劇にインターネット上は騒然。女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では、事故の状況を物語るバイクを運転していた男性のコメントを受けて、「運転手もかわいそうだ」といった声があいついでいる。

・なんで、夜に2歳の子と手を繋いでないの!?  信号無視したんじゃなく、突然子が出てきた なら、バイクの人もかわいそう…夜に2歳児は見えないよ

・バイクの人も子どももかわいそう

・親は何してたの?

・頼むから親、抱っこしてくれ…

・目を離す親が多い 。スーパーの駐車場でも手を繋がずに歩かせてたり、轢いたほうが悪くなる

・飛び出しで人身事故って最悪だよね… 故意じゃなくても殺してしまったら容疑者になるなんて

「親は何をしてたんだ」という声も目立つ。

■「夜、突然飛び出してきた子供を避けられる?」


また、「運転手の過失」とされている状況に、「この状況で突然飛び出してきた2歳児を避けるななんて不可能」と訴える声も。

・いい加減こういう事故で運転手が過失100%にするのやめなよ。 午後9時45分なんてそんな夜にガキが飛び出してくるなんて避けられるわけないじゃん!

・なんで実名出されて逮捕されなあかんの?  こんなんどうやって避けるの? 忍者?

・下手したらバイクの人も亡くなってたかもよ…これはバイクの人に同情してしまう

・夜の環八で2歳児飛び出しってロシアンルーレットだよ。 誰でも捕まる可能性があった

・バイクはただ直進してただけなのに。 こんなんで逮捕されるなら誰も怖くて運転できないよ

事故当時の状況を想像し、「バイクであれば、避けようとして運転手も無傷では済まなかった可能性もある」とする声や、人が1人亡くなった事故とはいえ、「運転手が100%悪」とされてしまうことに苛立ちを隠せないユーザーも。

■子供の手を離さない、「迷子紐」も命を守る手段


例え子供が手をつなぐことを嫌がっても、手を離した先に命を落とす危険が潜んでいることを改めて考えさせられる今回の事故。

また、傍から見た格好から賛否両論を呼んでいる「迷子紐」も、動きが活発な子供や、その時々の状況によって活用することも「子供の命を守るため」の手段の1つ。

核家族化が進み、母親が1人で家事や育児をこなしているケースが少なくない中で、様々な育児グッズやサービスを利用することに、寛容な社会であるべきではないだろうか。亡くなった男の子の冥福を祈りたい。

・合わせて読みたい→女子高生の車にはねられ5歳児が死亡 悲惨な事故に「どっちもかわいそう」と同情も

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ