松井愛莉&八木アリサ「ぞくぞくっとした」 豪華すぎる美女&ファッション満載の『オーシャンズ8』の魅力語る

モデルプレス

2018/8/6 19:30

【松井愛莉・八木アリサ/モデルプレス】モデルで女優の松井愛莉と八木アリサが、“オーシャンズ”史上No.1のオープニング成績を記録した「オーシャンズ8」(8月10日公開)を一足先に鑑賞。ファッショイベントにも多数出演している二人だが、映画の豪華すぎる衣装や女優に興奮気味。女子トークが止まらなくなる「オーシャンズ8」の魅力を試写直後、たっぷりと語ってもらった。

犯罪のスペシャリストが集まり、壮大な強奪計画を遂行していく「オーシャンズ」がメンバーを総入れ替えし「オーシャンズ8」として新結成!“オーシャンズ”初となる豪華女優陣で構成され、サンドラ・ブロック、アン・ハサウェイ、ケイト・ブランシェットなどのオスカー女優らが名を連ね、グラミー賞を受賞し絶大な人気を誇る歌姫・リアーナも出演。そのゴージャスすぎる出演者に注目が集まっている。

舞台は全編NYで描かれ、今回狙うのは世界最大のファッションの祭典“メットガラ”(※1)でハリウッド女優(アン・ハサウェイ)が身につけるカルティエの宝石(※2)。その総額はなんと1億5000万ドル(日本円で160億円以上)。個性豊かな犯罪ドリームチームが前代未聞の犯罪計画を史上最もゴージャス、そしてファッショナブルに遂行していく。

(※1)US VOGUE編集長アナ・ウィンター主催による世界最大規模のファッションの祭典。毎年5月最初の月曜日にニューヨークのメトロポリタン美術館で開催される。各界の名だたるセレブが集い、その装いに全世界のメディアが注目するファッションイベント。
(※2)映画のために一流の宝石職人が実際に制作。熟練の職人技と優れた製品という意味で、カルティエのハイジュエリーの条件に見合った宝石に仕上がった。

■松井愛莉&八木アリサも虜に



― キャストが豪華と話題の「オーシャンズ8」を鑑賞いただきましたが、いかがでしたか?

松井:とても観たかった映画だったんですけど、期待以上に面白かったです!計画が完璧で途中笑えてきちゃいました(笑)。何に使うのかわからないものが出てきたりするんですけど、それが徐々に暴かれていくのも面白くて。

八木:女子的に見どころが多かったよね。ファッションもそうだし、美女たちの計画も驚きの連続だし。うまく伝えられないな(笑)。とりあえず全部がパーフェクトで、観終わった後に「ひゃあ…」って。

松井:言ってたね(笑)。

八木:過去作は観たこと無かったんですけど、知らなくても全然楽しめるのも良かった。

松井:私は観たことありました。新メンバーの“オーシャンズ”なので、知らなくてもすごい面白いと思う。女性メンバーだけっていうのも良くない?ワクワクしちゃう。

八木:いいよね!8人だからこそできる仕事っていうのが格好いい。悪いことしたいわけじゃないけど、そういう友達欲しいな。「うちらじゃなきゃね」ってやついいよね!

― 8人が揃うと圧巻ですよね。一番グッときたポイントを教えて頂けますか?

松井:みんながドレスに着替えて階段を降りてくるシーンは「くぅー!かっこいい!」ってなりました。

八木:わかる―!

松井:ぞくぞくっとしたよね。

八木:ルー(ケイト・ブランシェット)は作業着みたいな格好でバイクにまたがってたのに、スーツみたいなドレスで登場したのを観て「フゥ~!さすが!」って(笑)。かっこよかったなぁ。私、来世はルーになりたい。

松井:来世って(笑)。

八木:ルーみたいな格好をしてみたい!でもローズ(ヘレナ・ボナム=カーター)の毒っ気のある女の子っぽい格好も好きだったな。

松井:ファッションはやっぱりテンション上がるよね。今年5月にNYへ行った時、実際にメットガラの展示を観に行ったから、余計にテンションあがったなぁ。

― 映画も実際にメトロポリタン美術館を貸し切るなど、かなり豪華ですよね。

松井:そうなんですよ!映画の舞台に実際に自分がいたんだって考えるとすごいなって…。

■豪華すぎる“オーシャンズ”に大興奮



― 「オーシャンズ8」の中でお二人のお気に入りのシーンは?

八木:やっぱりドレスで階段を降りてくるシーンは良かったよね。ひと仕事終えた女性たちの顔が格好いい(笑)!

松井:「わー!」ってなるよね。

八木:うん。あとラストシーンもすごい好き。「この人、こんな事したかったんだ」って意外な発見があったりして。女子の夢が詰まってたなぁ。

松井:私は1億5000万ドルのネックレスを盗む時の扱いが意外と大胆で「いいの?」ってなっちゃた(笑)。やっぱり盗む時が一番ハラハラでしたよね!

― あのシーンはハラハラしましたよね…!

松井:やっぱり盗む時が一番ハラハラでしたね!

八木:ナインボール(リアーナ)がハッキングするシーンとか、準備の段階でもハラハラするシーンたくさんあったよね。

松井:そうだね。カルティエのネックレスを見せてもらうシーンとかも。

― あのシーンは実際にカルティエの店舗を貸し切って撮影したようで、シーン中に写る宝石はすべて本物だとか。

松井:えー!すごすぎる…。

八木:スタッフさんもすごいチェックされたんでしょうね(笑)。

松井:本当だよね(笑)。

八木:しかもさ、ちらっと映るのがジジ・ハディッド(※3)とか、通りすがりにヘイリー・ボールドウィン(※4)とか、豪華な人たちもすごい出てきて…。

松井:え!気付かなかった!アナ・ウィンター(※5)が出てきた時はすごいテンション上がったけど。

― お二人がお気に入りの階段を降りてくるシーンのドレスは、キャラクターそれぞれ違うブランドで、それを決めていたのがアナ・ウィンターだそうです。

松井:なんですか、その素敵な話!すごい羨ましい…。

八木:色々豪華で、「こんな有名な人が通りすがりで出るの!」ってなるよね。一人見つけてから、ずーっと誰かいないかなって探しちゃった。すっと通り過ぎた人に「うぉ!」って(笑)。

松井:えー!もう一回観たい!

(※3)様々なハイブランドのランウェイを歩くスーパーモデル。2017年には約10億5000万円の収入を得て「世界で最も稼ぐモデル」ランキング5位にランクイン。
(※4)Instagramのフォロワー1000万人以上を有するスーパーモデル。7月には婚約も発表し、世界中から注目を集めている。
(※5)アメリカ版「VOGUE」編集長。メットガラのホストでもある。

■松井愛莉「ハッカーって憧れません?」



― 個性豊かなメンバーが登場する「オーシャンズ8」ですが、憧れのキャラクターはいましたか?

八木:言ってもみんなワルだからな。

松井:そうね(笑)。

八木:でもルーにはなりたい!イメージ通りのハンサムレディで。立ち振舞い全部かっこよかったんですよね。自分にはなれない人って憧れるじゃないですか。ルーはハンサムの塊のような女性だから。

松井:それこそ自分がないものを求めるよね。みんなスタイルも素晴らしいし。私はナインボールが格好良かったな。パソコンをチェックする姿とか。なんだろう、ハッカーって憧れません?

― 確かに自分にはできないことを簡単にする人って憧れますよね。

松井:そう。頭もすごい切れるし。頭いい人になりたい。

八木:ナインボールの妹もすごいっていうね。

松井:妹やばかったね(笑)。

八木:ダフネ(アン・ハサウェイ)もお茶目で可愛かったな。でも頭いいんですよね。お茶目で頭の切れる女子って可愛い。

松井:ちょっと怖くない?

八木:女性の友達は少なそうだね。

― (笑)。それぞれのキャラクターが、それぞれの魅力を持っていますよね。

松井:デビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)みたいに計画性をしっかり持てて、実行できる人も格好いいよね。

八木:今回の計画、5年考えたって言ってたよ。

松井:5年かー(笑)。私すごい飽き性なんですよ。何も続かない(笑)。やらなきゃいけないことは頑張るけど、それ以外はすぐぽいってしちゃう。

八木:私、続けることは大事だと思う!

松井:あれ、怒られてる(笑)?

八木:でも、無駄なことをぽいってするのも大事なこと!

松井:ありがとう(笑)。

■八木アリサの特技はダサい?



― 「オーシャンズ8」は様々な能力を持ったキャラクターが登場しますが、「これなら誰にも負けない!」という特技はありますか?

八木:(じっくり考えて)…ロケバスとかでも3秒で寝れるんですけど、どこでも寝れるってダサいですね(笑)。こんな格好いい女性たちの映画を見た後で、どこでも寝れる才能ってやだな…。

松井:(笑)。私、瞬発力はいいかも。でも、どこに活かせるだろう。

八木:あ!コンスタンス(オークワフィナ)みたいにスリできるんじゃない?

松井:いけるかな(笑)。

八木:「松井、スリになる」っていいね。

― (笑)。色々されていますよね、スポーツは。

松井:びっくりした…!スリをやっていたのか聞かれたのかと思いました(笑)。

一同:(笑)。

松井:水泳とか陸上とかバレーもやっていたので、身体動かすのは得意な方ですね。

― 運動が得意なら、コンスタンスのようなアクションもいけるかもしれませんね!今回、オーシャンズが狙ったのはカルティエのネックレスでしたが、今どうしても手に入れたいものは?

八木:ダイビングのライセンス。まだ潜ったこともないけど、免許をください(笑)。免許を取るまでの知識とライセンスが欲しい。

松井:全部省くの(笑)?あ、実際にないものでもいいですか?それなら一生太らない薬が欲しい!

八木:えー。いつもすごい食べるのに太ってないじゃん!

松井:いっぱい食べると怒られちゃうの(笑)。食べるのが大好きだから、永遠に食べていたい!

■二人が憧れる女性像とは



― 「オーシャンズ8」は、女性が夢中になるポイントが満載ですね。

八木:そうですね。やっぱり女友達と一緒に観に行きたいなって思いました。ファッションとか、ストーリーには女性の復讐もあって。みんなかっこいいけど、しっかり女の子な部分があって可愛かったです。

松井:私は洋服が好きなのでファッション好きの人と観ると面白いと思いました。観終わった後「あのドレス可愛かったよね」とか語り合いたい!観終わった後の爽快感も半端じゃなかったですね。「スッキリしたー!」って感じ。

八木:美女ばっかりだし、ストーリーもすごく作り込まれているから、男性が観ても絶対おもしろいよね。

― “オーシャンズ”史上、No.1大ヒットを記録したのは男女共に支持を集めているからかもしれないですね。最後にお二人が思う格好いい女性像を教えてください。

松井:その目的が何であれ、やるべきことを突き通すとか、芯の持った強い女性は憧れます。私は飽きっぽくて貫き通すのは自分で無理だと思うから(笑)。芯の強い女性になりたいなって思います。

八木:そうだね。映画に出てきた人たちは服装もそうですけど、自分というものをしっかり持っていたじゃないですか。ぶれない女性はかっこいいなって思いました。

― ありがとうございました!

(modelpress編集部)[PR]提供元:ワーナー・ブラザース

■“オーシャンズ”が新結成!「オーシャンズ8」



5年の刑期を終え、晴れて仮出所を果たしたデビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)。かつて“オーシャンズ”を率いたダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)を兄に持つ、生粋の強盗ファミリーの一員だ。出所して早々、刑務所の中で考え抜いたプランを実行に移すべく、デビーの右腕となるルー(ケイト・ブランシェット)と共に個性豊かな犯罪のプロたちに声をかけ“オーシャンズ”を新結成する。

集まったのはいずれも一流の才能を持ちながら冴えない生活を送っている、ハッカー、スリ師、盗品ディーラー、ファッションデザイナー、宝飾デザイナーたち。彼女たちのターゲットは、世界最大のファッションの祭典“メットガラ”でハリウッド女優(アン・ハサウェイ)が身に付ける1億5000万ドルの宝石。

しかしそこには、網の目のように張り巡らされた防犯カメラ、屈強な男たちという世界一厳しいセキュリティが立ちはだかる。たった一秒の狂いが命とり。しかも祭典の模様は、リアルタイムで全世界に生配信されるという高すぎるハードル付き。

世界中が注目する中で白昼堂々宝石を盗み取る、前代未聞で型破りな計画は果たして成功するのか。そしてこの計画に隠された更なるデビーの計画とは――。

あなたにおすすめ