強い台風13号 関東直撃 影響いつから

日直予報士

2018/8/6 18:41

関東地方は台風13号の接近前の7日夕方から激しい雨の所があり、8日から9日は広範囲で断続的に土砂降りの雨。台風の進路次第では記録的な大雨となる恐れもあります。

●関東直撃 影響大

強い台風13号は8日(水)夜から9日(木)にかけて関東地方にかなり接近するでしょう。上陸の恐れもあります。関東地方には台風の接近前から東からの湿った空気が流れ込むため、7日(火)の夕方から局地的に激しい雨が降るでしょう。8日(水)の午後は南部から台風本体の雨雲がかかりはじめ、あちらこちらで土砂降りの雨となりそうです。台風の北上に伴って、夜遅くなるほど雨の降り方が強まり、風が急激に強まるでしょう。9日(木)の昼頃にかけては北部も含めた関東の広い範囲で台風本体のかなり活発な雨雲がかかり、広い範囲で暴風域に入りそうです。海上を中心に猛烈な風が吹き荒れ、猛烈なしけとなる恐れがあります。

●交通機関にも影響か

このため、8日(水)の朝は出勤やお出かけができても、夕方以降の帰宅時間になると交通機関に影響が出て、帰宅が困難になることが考えられます。また、9日(木)にかけても広い範囲で交通機関が乱れるでしょう。沿岸部の道路は高波の影響が考えられます。台風の進路次第では、災害につながるような記録的な大雨となる恐れがあるため、自治体から発表されているハザードマップを確認するなど、自宅周辺や勤務先周辺に危険な場所がないか、今すぐ確認して、早めに対策をとりましょう。

●最新情報の確認を

なお、この記事は6日午後5時の情報をもとに作成しています。台風13号は関東に近づくにつれて動きが遅くなります。雨や風の強まる時間は今後も変わる可能性がありますので、最新の台風情報や気象情報を確認してください。

あなたにおすすめ