真夏の夜のコワイ話 第1回 「黒い人」 - 井下好井・好井まさおのコワイ話


寝苦しい夜が続く今日この頃。真夏の暑さを吹き飛ばすべく、3人のお笑い芸人に奇妙な体験について語っていただきました。涼しさとともにほかのなにかがやってこないよう、ご注意ください……

今回の語り手は、お笑いコンビ「井下好井(いのしたよしい)」の好井まさお。彼の家族にまつわる奇妙な体験です。

○『黒い人……』

僕の実家では、毎年正月に家族で父のお墓参りに行くのが恒例でした。

ある年、お墓参りに行こうと家族で歩いていると、甥が、僕の母、つまり彼のおばあちゃんを指差して「ばぁばが死ぬで」と言ったんです。

なんだかイヤな感じがしたのですが、母は昔から体が丈夫で、そのときも健康そのものだったので、僕は「なに言ってるねん」と流そうとしました。

でも甥は真面目な顔してさらに言いました。

「ばぁばの後ろに黒い人がいる」と。

その3カ月後、芸人として東京で活動していた僕に姉から電話があり、母が末期がんで余命が3カ月だとわかったと知らされました。

僕は動揺しながらも、お墓参りのときの甥の言葉を思い出していました。そしてしばらく仕事を休み、大阪に帰って母のそばにいることにしたんです。

毎日母が入院している病院に行っていたのですが、たまに甥も連れて行くことがありました。そのとき、母は病院の3階に入院しているのに、甥は毎回必ず、なぜか2階の2204号室に行こうとするんです。

そこは誰もいない病室で、僕はまた「気味が悪いな」と思っていました。

それから数日後、病院から母の容態が急変したのですぐにきてほしい、と電話があり、僕たちは慌てて病院に駆けつけました。

母がいるはずの3階の病室に向かおうとしたところ、看護師さんに「お母さんの病室が変わりました」と言われ案内されたのが、あの2204号室だったんです。

「え……」

と思いながらも病室に入ると、母はもう酸素マスクをつけていて、心拍も弱まっている状態でした。

そばに寄り添っていると、母がなにかを言おうとしているようだったので、マスクをはずして「どうしたん」と耳を近づけました。

すると母は、上のほうを見ながら「これ、誰や」と言うんです。

僕は「(親戚の)○○おばちゃんやん」と答えたのですが、母はさらに声をしぼり出すようにしてつぶやきました。

「ちがう、誰や、この部屋中にいる黒い人は」と。

そのまま母は亡くなりました。

ふと気づくと、一緒にきたはずの甥の姿がありません。彼はなぜか病室の外で待っていました。

母のことが大好きだったのにおかしいなと思い、病室の外にいる甥に「なんで入ってこないん?」と聞いたときの、彼の一言が忘れられません。

「真っ黒だから……。部屋が真っ黒だから入られへん」

○井下好井・好井まさお

お笑い芸人。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。大阪府出身。2007年相方の井下昌城とお笑いコンビ・井下好井を結成。フジテレビ『人志松本のゾッとする話』にも数回出演。Netflixのオリジナルドラマ『火花』など俳優としても活躍している。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス