恋愛がうまくいかない女子の残念な思考あるある6つ




ルックスがそんなに良くないのにモテまくる女子もいれば、その一方でルックスがかなり良いのに全然良い恋愛ができない女子っていますよね。その違いは彼女たちの持つ恋愛に対する思考にあるのです。
今回はそんな、恋愛がうまくいかない女子の残念な思考あるあるをまとめてみました。

自分に自信がない

他の女の子よりも容姿、学歴、スキル、キャリアが劣っていると思い込み、自分に自信がないこと。好きな彼が他の女の子と仲良さそうに話しているだけで、「私なんかよりも可愛い○○ちゃんの方が良いんだ」と勝手に解釈。
彼の一番にはなれないと思ってしまうことで、すぐに諦めてしまうのです。

彼に浮気されると思っている



過去に浮気された経験があると、良い感じの人が現れても「また浮気されるのでは?」と疑ってしまい、本気になれないこと。彼のことが信用できないために、常に疑って不安ばかりを抱えてしまうのです。
そして結局彼も、その根拠のない疑いに疲れてしまい、去っていってしまうのです。

彼好みの女の子になろうとする

彼に好かれるためには、自分を偽ってでも彼好みの女にならなければならないと考えること。確かにそうすることで好きな彼の気を引くことはできるので、良いところまではいくものの、結局ボロが出たり、偽ることに疲れうまくいかない羽目に。

最終的にフラれると思っている

交際がスタートしてもいつも最初から別れることを予想してしまっていること。そのためせっかく付き合いはじめても、彼と熱の差がありすぎるなんてことがよく起こってしまうのです。
そんな恋愛に対するやる気のない態度に彼もだんだんとつまらなくなってしまい、予想していたとおり彼にフラれる結末を迎えるのです。

期待しすぎてしまう



付き合う男子すべてがお姫サマ扱いしてくれることを期待してしまうこと。誕生日にはサプライズ企画、クリスマスには彼の愛情に比例するような高額なプレゼントを期待し、結局その期待を裏切られると彼に対して愛情がなくなってしまうのです。
基本的に「彼が私のために何をやってくれるか」ばかりを考えているため、ギブ&テイクの関係が成り立っておらず、彼からはうんざりされてしまうハメに。

ドラマがあるのが恋愛と思いこんでいる

山あり谷ありの恋愛こそが「究極の恋愛」だと思いこんでいること。そのためわざわざ喧嘩になるようなことを仕掛けたり、猛烈な被害妄想に陥ったり、自らドラマを生み出してしまうのです。
2人の関係がかなりうまくいっている時には逆に「なにか落とし穴があるのでは!?」と疑い始める始末。安定した普通の恋愛に耐えられないのです。

あなたにおすすめ