指原莉乃、HKT48大トリで「久々に震えた」 『TIF2018』に見る“アイドルブーム”の進化

お台場で8月3日・4日・5日と開催された『TOKYO IDOL FESTIVAL 2018』の最終日、HKT48がHOT STAGEで大トリを飾った。同フェスのチェアマンを務めた指原莉乃が、HKT48のステージを終えた心境をSNSでつぶやいている。

『指原莉乃(345__chan)ツイッター』にて「本当にありがとうございました」とHKT48メンバーが控室でホッとするところを公開した彼女は、「緊張知らずのはずの私も大トリのプレッシャーで久々に震えながらステージに出ました」と明かす。

また、「緊張とプレッシャーで泣き出すメンバーもいて…でもみんな(みなさんも含む)で作ったステージでした! 魂震えた!」との思いは、チェアマンをやり遂げた感情と重なったものだろう。

初日からアイドルたちに「楽屋を解放」していると伝えて交流しやすいようにはからったり、「ステージの控え室にビオレさんの冷シート差し入れありますので是非使ってください!」と呼びかけるなど全体に目を配ってきた。

そんな指原莉乃は、フェスが終わると参加者を「とにかく感謝です! 暑かったり、とにかくしんどい三日間だったと思いますが…」と労い「アーティストは、アーティストがいてファンがいる。アイドルはみなさんがいて、成立するものだと私は思っています! 本当に楽しかった!」と感じ入った。

さらに『指原莉乃 345insta Instagram』では、グランドフィナーレの光景とともに「本当に暑かったね~ ゆでダコになっちゃったアイドル、ファンの皆さんをたくさん見ました。お疲れ様でした!」「私も全力を出しきりました! 普通にフラフラしました!」と振り返る。

『TIF2018』で数々のアイドルとファンたちの姿を見て改めて実感したのだろう。「最近は解散を発表するグループがとても多く…」と切り出し「今を大切に、今好きなアイドルを全力で応援してほしいなあと思います。何があるかわからないからね」「今年もお疲れ様でした! 夏終わり!」と締めくくった。

一般的に女性アイドルは20代でグループを卒業する傾向にあり、輝く時間は限られてくる。だからこそ、アイドルもファンも「今を大切に」する気持ちが強いのではないか。『TOKYO IDOL FESTIVAL 2018』の熱気から“アイドルブーム”が形を変えつつ進化しているように感じられた。

画像は『指原莉乃 2018年8月5日付Twitter「#TIF HKT48、終了しました!」』『Rino Sashihara 2018年8月6日付Instagram「#TIF 終了しました!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ