デヴィ夫人が“共演NG”の女性アナウンサーと対面! 辛辣コメント続出も、視聴者は納得?

日刊サイゾー

2018/8/6 18:30


 8月5日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、デヴィ夫人が“共演NG”の人物と対面。「とにかくすごいうるさい」と真顔で言い放つほど毛嫌いしているようだが、視聴者の間では「俺は好きなんだけどなぁ」「私もこういうキャラクター苦手」と意見が分かれているようだ。

“芸能界の一番いい人・そうでもない人”を実名で発表する企画で、デヴィ夫人が「好きじゃない人」として挙げたのが地方局の女性アナウンサー。「苦手ですねああいう女性は」と語るデヴィ夫人にスタジオも同調ぎみで、「同業者でも苦手でしょ?」と聞かれた徳島えりかも「ちょっと、ノーコメントで……」と苦笑いを見せるほどだった。

デヴィ夫人に嫌われ徳島も苦手意識を持つ人物とは、テレビ金沢の馬場ももこアナウンサー。スタジオに登場早々「えいえいおー! イエーイ!」とハイテンションぶりを見せつけ、デヴィ夫人は言葉を失ってしまう。さらに「お会いしたかったんです、うれしいですぅ」などと笑顔を見せる馬場に、デヴィ夫人は「別にしてくださらなくて結構よ」「イヤなコね」と突き放す。

馬場の登場に、ネット上でも「デヴィ夫人に共感しかないわ」「アナウンサーとしてどうなの?」「正直こういう女性にはなりたくないな」といった意見が続出。一方で「個性的で面白い人じゃない?」「女子アナの概念を変える人。その芽を摘もうとするのは大人げない」「何度もテレビで見てるけど全然嫌いじゃないよ」と馬場を擁護する声もあり、“馬場アナが好きか嫌いか”で反応が分かれる形となった。

「ハイテンションぶりが毛嫌いされがちの馬場ですが、ニュースの原稿読みを評価されているのも事実。そこで馬場は『アナウンサーとしての仕事を見ていただきたい』と、デヴィ夫人の人生を馬場がまとめたレポートの“生読み”に挑戦しました。自信満々に読み上げた馬場でしたが、それでもデヴィ夫人は『非常に薄っぺらですね』と一蹴。納得できない馬場は『デヴィ夫人の目標も分かりますよ。“105歳まで生きること”ですよね!』と食い下がりましたが、デヴィ夫人は『くだらない』の一言で片づけています」(芸能ライター)

デヴィ夫人は“馬場と2人で金沢ロケ”を提案されても、「彼女と一緒だなんて拷問ですよ」とバッサリ。今回に限らず、過去に共演した際にもデヴィ夫人は馬場を見放している。

「2月13日放送の『踊る! さんま御殿!!』で顔を合わせた2人でしたが、このときも馬場のハイテンションぶりは止まらず。原稿読みを共演者から褒められ『よっしゃー!』と大声を上げてしまい、デヴィ夫人から『呆れてます』と冷たい目線を送られていました」(同)

果たしてデヴィ夫人と馬場による金沢ロケは実現するのか、今後の2人の再共演に注目したい。

あなたにおすすめ