GENERATIONS裕太、シャトルイートで驚異的な才能を発揮!メンバー驚愕

AbemaTIMES

2018/8/6 19:00


 毎週日曜日よる9時~放送中の、ダンス・ボーカルグループGENERATIONS from EXILE TRIBEが全国各地の高校に突然現れ、イマドキ高校生ライフを体当たりレポートする青春応援バラエティ番組AbemaTV 『GENERATIONS高校TV』 。5 日は、特別企画・ジェネの夏休みスペシャル! YouTubeで大人気のシャトルイートに挑戦したところ、裕太が驚異的な才能を爆発させた。

シャトルイートは音にあわせてスナック菓子を食べ、その本数を競うというルールで、1音階中に食べられるのは1本。リズムに遅れたり、食べきれなかったりしたら終了となる。口はパサパサ、胃袋は爆発。地獄のレースだ。

 最初に名乗りをあげた亜嵐は、5本食べたところでむせてしまい、結果6本を完食。龍友は1本めで早くも唸りつつ、4本めをなんとか押し込んで終了。亜嵐いわく、口が乾くので、どうしても途中で水を飲まざるを得ないが、それによりかえって菓子が粘土のようになり、口のなかにへばりつくのだとか。


 悪戦苦闘するメンバーが続くなかで、チャレンジした裕太。「やりそうな空気ある」という涼太の予想どおり、衝撃の記録を叩き出した。まず、1本1本をちゃんと口のなかで処理ていく驚異のスピードに、一同驚愕。必死感はまるでなく、クールな表情を崩さない裕太に、涼太が思わず「なんでそんなにかっこいいの?」とツッコんだほどでで、他のメンバーからも「なんでそんなにすごいの?」「余裕すぎない?」と驚嘆の声が相次いだ。

 7本を終えたところで、音楽はスピードアップ。それにも動じず、何食わぬ顔で食べ続け、15本を食べると、音楽はさらにスピードアップした。臨機応変に処理していく裕太の能力に、「永遠にいけんじゃないこれ!?」という声もあがる。


 食べ方にもコツがあるのか、裕太はまず菓子を右の頬に突っ込んで、口のなかで二つ折り。それはまるでガラケーのようで、「ガラケー食い」と命名される。一向に衰えないペースで23本を食べ終え、「お腹いっぱい」ということで終了。ちなみにあくまで満腹だったため終わらせただけで、処理するだけなら「まだまだいける」とのことだ。


 涼太は「見ちゃいけないものを見た」「意味わかんない」と戦闘意欲を失うが、ビリを決めなくちゃいけないので他のメンバーも続行することに。隼は3本、涼太は2本半、玲於は1本という結果で、いかに裕太がスゴかったかを実感する。ラストはメンディー。裕太の食べるコツを真似し、快調に飛ばしたが、裕太の記録目前・22本でギブアップした。


 来週は、学校を離れ、海で夏休みを満喫。海釣り対決で仁義なき対決が!果たしていちばん多く釣るのは?さらに砂浜では、ドローンを使い、絶景撮影にチャレンジ。次回 『GENERATIONS高校TV』は、12日よる9時~放送 ! 『GENERATIONS高校TV』はAbemaビデオにて配信中 。

⇒ 【見逃し配信】【裕太の口はブラックホール?ジェネの夏休み】GENERATIONS高校TV#63

(C)AbemaTV

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス