日本での活動本格始動 ロン・モンロウ 日本のカルチャーへの思い「日本のドラマはリアルで面白いです」

2014年、中国中央テレビ(CCTV)の大型オーディション番組出演を機にスカウトされ、SNSを通じて話題になったロン・モンロウが日本での活動を本格化。ことし6月に1stシングル「PLANET」で歌手デビューを果たし、ドラマ、CM、バラエティーなど活躍の場を拡大中だ。

少数民族・土家族(トウチャ族)の家に生まれ、自然に囲まれて育った彼女。夢だった歌手デビュー、幼少期からあこがれていた日本カルチャーへの思い、また奮闘中のバラエティー番組での経験など、まっすぐなまなざしで語ってくれた。

――子供の頃から日本のアニメやドラマを観ていたそうですが、どんな作品が好きだったんでしょうか?

ロン「よく観ていたアニメは『名探偵コナン』、ドラマだと『花より男子』です。この2つの作品が、日本のエンターテインメントに触れるきっかけになりました。わたしは“栗子”というニックネームを使ったりしますが、これは『花より男子』に出演されていた小栗旬さんの“栗”なんです。自分の顔が丸いので栗に似ているかな?という思いもあって、使わせていただいています(笑)」

――中国と日本のドラマ、どんな部分に相違点を感じますか?

ロン「いろんなジャンルがあって比較するのは難しいですけど、全体的に中国のドラマはロマンティックな作品が多いんですよ。日本のドラマは日常的と言いますか、すごくリアルな描かれ方をしているのが面白いですね」

――なるほど。それでも、女優ではなく歌手になることが一番の夢だったそうですね。

ロン「はい。曲を通して、生きることに前向きになってもらえるような歌を歌っていきたいと思っています。特に若い人たちには、自信を持って前に進んでもらいたいですね。わたし自身、まだまだ自信を持てないので」

――どういう部分で自信を持てないのでしょうか?

ロン「外国人として日本にやってきたので、そもそも日本の社会にちゃんと溶け込んでいけるかな?という部分ですね。歌うことについても、わたしが想像していないようなカルチャーギャップがあるかもしれないなぁって」

――6月にシングル「PLANET」でデビューされましたが、リリース前後で心境の変化があったんでしょうか?

ロン「リリースよりも、日本で生活を始めたことで少し変化があったかもしれません。ことしの6月に中国の大学を卒業したのですが、4月後半ぐらいから日本に滞在しながらお仕事をさせていただいています。毎日新しい発見がいっぱいで、とにかく楽しめています。驚くことはたくさんありますね。そのひとつは事務所のレッスンに通って感じたことです。9歳から30歳ぐらいの人たちと一緒にレッスンを受けているのですが、みんな、あまり年齢差を感じさせずにフラットに話しているんですよ。年齢差があっても、ジェネレーションギャップなしにコミュニケーションを取れるのはすごいと思います」

――同じ夢に向かっている仲間という意識も強いんでしょうね。レッスンではどんなことを?

ロン「ボーカル、ダンス、モデルとしての立ち居振る舞いなど一通り学んでいます。個人的には毎日ランニングと筋トレも欠かせません。せっかくダンスを練習しているので、もし夢がかなうならE-girlsさんと共演してみたいなぁ(笑)。女優さんなら満島ひかりさんとご一緒したいと思っています。ずっとあこがれています! 歌手としての活動を続けながら、お芝居などいろんなことにチャレンジしていきたいです」

――AbemaTVで配信中のバラエティー番組「発注歓迎!リベンジャーズ」では、50円玉40kg分を埼玉から北海道までヒッチハイクで運ぶ過酷なロケを体験されていましたが…あれもOKですか?

ロン「大丈夫です(笑)。たしかに大変だったんですけど、ご一緒した河本準一さん(次長課長)やスタッフさんはもちろん、ヒッチハイクなどを通じて触れ合った一般の人たちからもたくさんのことを学ばせていただきました。アーティスト活動とはまったく別のものですが、こういうひとつひとつのお仕事はムダじゃないと考えています」

――そういう意味では、日本のバラエティー界を代表するビッグスター・出川哲朗さんとの共演(「ベビースターラーメン」CM)も大きな経験になったのでは?

ロン:もちろんです。出川さんは有名な方なのに、ものすごく親切に接してくださったのがうれしかったですね。まるで友達のように接してくださったんですよ(笑)。小柄なイメージでしたが近くでお会いしてみたら…私よりも背が高かったです(笑)」

――最後に日本のファンに向けてメッセージをお願いします。

ロン「たくさんの経験を積んで、いろんなわたしをお見せできればと思います。作詞や作曲にも興味があって、いいフレーズが浮かんだらメモを取るようにしているんですよ。いつかそういうものも形にしてみたいです。わたしが歌にこめるポジティブな気持ちを感じていただけるように頑張ります!」

取材・文=大小田真

ろん・もんろう

1994年7月31日、湖南省・湘西生まれ。

2018年6月20日にシングル「PLANET」リリース。ドラマ「ラブリラン(第7話)」(日本テレビ系)、「発注歓迎!リベンジャーズ」(AbemaTV)などに出演。8月10日より公開の「ベビースターラーメン60年目 」新CMに出川哲朗と共演する。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/157299/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ