認知症の疑いも車の運転を止めない男性を逮捕 「恵まれた人だと思う」との声も

しらべぇ

2018/8/6 18:30


(paylessimages/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

警察も「異例」と称する対応が取られた。認知症の疑いが強い69歳の男性を、周囲の説得を聞かずに車の運転を続けたとして逮捕。インターネット上では、「いい判断」「恵まれた人だと思う」といった声があがるなど、注目を集めている。

■現行犯逮捕の後、車を押収


報道によると、逮捕された男性は、10年ほど前から認知症が疑われる症状が進行。車で出かけて、帰り道がわからなくなるなどのトラブルが相次いでいた。

親族が運転をやめるよう注意しても、それを聞かず車に乗り続けていたようだ。そして先月、男性は車検を更新するため、自動車販売店を訪問。

しかし車検はすでに切れており、明らかに認知症を疑わせる言動があったため、販売員が警察に相談したという。警察も運転をやめるよう説得するものの、男性はそれに応じず。

警察は「事故を防ぐにはやむを得ない」として、車検切れのまま運転した疑いで、自宅を車で出た男性を現行犯逮捕し、車を押収した。

■「いい判断」と異例の逮捕に納得の声


今回の報道を受け、「Yahoo! ニュース」では、「販売店と警察の判断は正しい」とのコメントが多数寄せられている。なかには、事故を起こす前に、周囲に強制的に運転を止められた男性に対し、「恵まれた人だと思う」といったものも。

「販売店と警察の判断は正しい」

「被害者をなくすためにも、本人のためでもあると思う」

「この方は販売店や警察がしっかり対応できた、恵まれた人ですね。事故が起きれば被害者はもちろん、周りの方も不幸になります。こういう動きも抑止のためには必要だと思います」

■「また乗りそう」と不安の声も


また、逮捕された男性は逮捕後、医師の診察を受け、認知症と診断されたにもかかわらず、その結果を認めていないとの報道も。これに対し、「また乗りそう」と、男性が再び運転を行うのではないかといった不安のコメントが見られる。

「これは免許を取り上げても無免許で乗るパターンだな」

「逮捕され、医師に認知症と診断されても本人は認めていない…。これからがまだまだ大変そう」

「何らかの抑止力が、身内の方は欲しかったんだろうね。ただ、逮捕されたことなども忘れてしまうのが認知症だから、これからも苦労しそう」

■65歳を過ぎたら運転すべきではない?


しらべぇ編集部では以前、全国20~60代の男女1,368名を対象に「車の運転」についての調査を実施。60代では、「65歳を過ぎたら運転はすべきではないと思う」と回答したのは、わずか13%という結果になっていた。

(©ニュースサイトしらべぇ)

65歳以上という年齢だけでひとくくりにできないものの、判断能力などが衰え事故を起こしている人がいるのも事実。今回の事件のようなケースは、これかも同じ対応をしていくべきだと考えている人が多いようだった。

・合わせて読みたい→78歳「ブレーキ踏み間違い」で若者2人はねる 過激化する主張に冷静な指摘も

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日
対象:全国20代~60代の男女1,368名(有効回答数)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス