フェラーリが直4・電動ターボを計画か? 復活する新型「ディーノ」へ搭載の噂

clicccar

2018/8/6 18:04


フェラーリが自社史上初となる直列4気筒エンジンを計画しているという噂を入手しました。これは電動直列4気筒エンジンで、すでに特許出願が完了している模様です。

出願された模式図は4気筒ともV8の片バンクとも取れるもので、断言は出来ないようです。ただしエレクトリック・ターボを開発していることは間違いないようです。このシステムは排気によって蓄電するというレーシングモデルのようなものだといいます。

また、発電機の強弱によりタービンの回転数を調整可能にするため、エキゾーストシステムのバルブをコントロール。結果エキゾーストノートの向上へつながるということです。

まさに次世代フェラーリのエンジンといえますが、果たしてどんなモデルに搭載されるのでしょうか。特に現在、コンパクトモデルを開発しているという情報はありませんが、昨年から復活が噂されている新型『ディーノ』は可能性を感じさせます。

今回掲載したスパイショットは、以前撮影に成功した新型「ディーノ」とも噂されたフェラーリ謎のプロトタイプです。新型「ディーノ」の予想パワートレインは、アルファロメオ ジュリア『クアドリフォリオ』に搭載されている、2.9リットルV型6気筒DOHCツインターボと伝えられていますが、フェラーリ初の直4エレクトリック・ターボ搭載となれば、大きな話題となるでしょう。

(APOLLO)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス