ダイエットに効果的と言われる「フレーバーウォーター」とは


サニーヘルスはこのほど、ダイエット情報発信サイト「microdiet.net」にて、調査レポート『セレブに人気で話題のフレーバーウォーターの効果と作り方』を公開した。

「フレーバーウォーター」とは、水に野菜やフルーツ、ハーブやスパイスなどを入れて作る飲み物のこと。水に素材の香りや栄養素などが移り、美容やダイエットに良いということで別名デトックスウォーターとも呼ばれている。セレブやSNSなどでも話題を集めているという。

砂糖は使わないが、ほんのり香りや味が付くので水だけを飲むよりも飲みやすくなり、ダイエット中に必要な「水をたくさん飲む」ということも無理なくできる。水に入れる食材の酵素や水溶性食物繊維、水に溶け出したビタミンなどの栄養素も摂取できるとのこと。

水に入れる食材は、生で食べられるものであれば基本的に好きなものを使用してよい。例えば暑い日やお風呂上がりに爽やかなものを飲みたい場合は、ミントやきゅうり、レモンなどがおすすめとのこと。甘みのある風味にしたいのであればフルーツを多めにするなど、好みの風味や期待する効果によって食材を選べる。

「むくみ」には、体内の余計な塩分を排出する作用のあるカリウムを摂取するとよい。ベリー系(いちご、ブルーベリーなど)、かんきつ系(レモン、ライム、すだち、グレープフルーツ、みかんなど)、パイナップル、桃、すいか、キウイフルーツ、りんご、梨、きゅうりなどが適した食材であるとのこと。

「疲労回復・ストレス解消・リラックス」のためには、クエン酸を多く含むものが効果を期待できる。かんきつ系(レモン、ライム、すだち、グレープフルーツ、みかんなど)や赤パプリカのほか、鎮静効果のあるミントもおすすめとのこと。

「ダイエット」には、食べたもののエネルギー代謝促すクエン酸を含むもの、腸内環境を整える水溶性食物繊維の多いもの、代謝アップや体を温める作用のものなどがよいという。かんきつ系(レモン、ライム、すだち、グレープフルーツ、みかんなど)、りんご、いちご、メロン、しょうが、シナモンをおすすめ食材として挙げている。

フレーバーウォーターは、ミネラルウォーターまたは浄水に好みの野菜やフルーツ、スパイスやハーブを入れて2~3時間冷蔵庫で寝かせるだけでできる。野菜やフルーツは皮ごと薄切りにし、シナモンはパウダーではなくスティック状のもの、ハーブ類は生のハーブを使用するのがよいとのこと。

詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事「セレブに人気で話題のフレーバーウォーターの効果と作り方」で解説している。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス