【新車】ハイエース、レジアスエースに質感向上を図った特別仕様車「スーパーGL“DARK PRIMEⅡ”」を設定

clicccar

2018/8/6 17:03


トヨタは8月6日、ハイエース・レジアスエースに特別仕様車「スーパーGL“DARK PRIMEⅡ”」を設定しました。さらに、ハイエースに誕生50周年記念の特別仕様車「スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”」を用意。なお、「スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”」は期間限定生産です(~2019年7月31日予定)。

ここでは、「スーパーGL“DARK PRIMEⅡ”」をご紹介します。ハイエース、レジアスエースの両モデルに設定される同特別仕様車は、最上級グレード「スーパーGL」がベース。エクステリアは、ダークメッキが施されたフロントグリル、バックドアガーニッシュが特別装備されるほか、ルーフ、ピラー、セパレーターバーにブラックを採用した内装など、質感向上が図られています。

また、スライドドアのスカッフプレートに車名ロゴ&イルミネーションが特別に装備されるほか、SRSエアバッグ+プリテンショナー&フォースリミッター機構付シートベルト(助手席)を標準装備。ボディカラーは、特別設定色の「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(オプション)」を含む全5色展開となっています。

ボディタイプはロングのみで、ボディ幅は標準とワイド、ルーフは標準とミドルルーフを設定。エンジンは、2.0Lガソリン、2.7Lガソリン、2.8Lディーゼルを設定し、全車6ATとの組み合わせ。価格帯は3,139,560円~4,032,720円です。

(塚田勝弘)

あなたにおすすめ