結婚は人生の墓場? 結婚した後に後悔した人から学ぼう

yummy!

2018/8/6 17:00


結婚は人生の墓場? 結婚した後に後悔した人から学ぼう

「結婚は人生の墓場」だという人がいます。一方で、「結婚して本当に良かった」という人もいます。どうせ結婚するなら、後悔はしたくないですよね。
今回は、「結婚するんじゃなかった」と後悔している人の事例をご紹介します。反面教師としてご覧ください。

結婚した後に後悔した人1 なんで私だけ?不公平感がすごい



清美(仮名・29歳)は大手の出版社に務める編集者です。大学の同級生で、商社マンの夫と7年の交際を経てゴールインしました。
エリートイケメン商社マンと美女のカップルは、申し分無い組み合わせだと周りからは思われていましたが、本人は最初から不公平感があったといいます。
「当然のように、私が名字を変えることになって、変更手続きがかなり面倒だった。その時点でちょっとイラっときてたんだけど、一緒に住み始めて、あー、失敗したなってすぐに気がついた」
夫は、家事をほとんどせず、清美が料理を作ってあげても、皿洗いすらしないといいます。
「あいつ、エリート商社マン気取りやがって。私だって毎日残業があるのに、あいつが先に帰ってきても何にもしない。同じくらい働いてるのに、私ばっかり家事するのが当たり前みたいな空気だしてくる。あんな思いやりのないやつだって気がつかなかった」
清美は現在、一週間に一回の頻度で真剣に離婚について考えているといいます。

結婚した後に後悔した人2 この人で良かったのかな。他の人生もあったのかも



直子(仮名・27歳)は大手保険代理店に勤め、同僚の男性と交際2年で結婚しました。
「もともと結婚願望は強かったから、結婚できたときは、これで一丁上がりっていうか、ほっとした感じがあったんですよね。でも、もっと選ぶべきだったなって今なら思います」
直子が早まったかな、と思ったのは、夫の携帯を見た日のことでした。夫は後輩の女性をデートに誘っていて、しかも断られていたといいます。
「浮気するにしても、ですよ。なんでそんな身近でするんでしょうか。直子先輩の夫に誘われた、きもい、って絶対影で言われているのに、恥をかくのはこっちなんですから」
浮気未遂が発覚した翌週、追い打ちをかけるように直子は新たな事実を知ります。夫には直子の知らない借金、約150万円があったのです。
「私の貯金からすぐに返しました。でも、なんでこんな男の借金を肩代わりしてるんだろう、って我に返りました。あの瞬間、完全に冷めちゃったんだと思います」
直子は早まったと後悔しているけれど、離婚は考えられないと言います。
「離婚しない理由ですか? 離婚って労力かかりそうじゃないですか。なんだかしんどい、それだけの理由。ただ離婚してないだけです」

さいごに



今回は結婚を後悔している2人の女性のインタビューをご紹介しました。
結婚を後悔しないためには、浮気癖・借金癖の確認、および家事に対する認識のすり合わせが大切なようです。
(今来 今/ライター)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ