窪田正孝30歳の誕生日、撮影では川口春奈から「愛のムチを頂いてます」

 本日8月6日に30歳を迎える俳優の窪田正孝のため、5日に窪田が主演するドラマ『ヒモメン』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の撮影現場にて、サプライズのバースデーセレモニーが行われた。30歳への抱負を聞かれた窪田は「この作品で30代を迎えられてよかった」と語った。

【写真】窪田正孝、30歳サプライズバースデーセレモニーの様子

セレモニーが行われたのは、川口春奈演じるゆり子の勤務先・浦和野病院のシーンの撮影現場。リハーサル前の説明の後、撮影が始まるかと思いきや突如現れた取材陣に「え、何!?」と驚いた様子の窪田は、バースデーケーキが登場すると「マジで!」を連発。川口から原作者・鴻池剛氏の直筆色紙とプレゼントを渡されると、「本当に!?」と満面の笑みを見せた。

記者たちを前に「今日の12時で30歳になります。やっと大人の仲間入りかな、なんて思ってます。でも本当に素敵なスタッフ、キャストがそろってるこの作品で30代を迎えられてすごく良かった。引き続き30代の道を突っ走っていきたいと思います。ヒモメン最高!!」と語った。

その後、川口、佐藤仁美、岡田結実も加えて4人での囲み取材が行われた。あらためて30歳への抱負を聞かれた窪田は「20代後半からひっきりなしに仕事をさせてもらってて、現場に揉まれてた時間がずっとあったんで、その延長線上が今に繋がってると思う。ずっと早く年をとりたかったんで、30歳は楽しみ」とコメントした。

川口から渡されたプレゼントはボクシンググローブ。実は最近、窪田と川口はふたりともキックボクシングを始めたそうで、勝地涼も加え、3人ともたまたま同じジムなのだそう。川口は「強くなりたいからすごく通ってるんで、(プレゼントには)これしか思い浮かばなかった」と語った。

また、窪田演じる翔のクズっぷりが話題になっていることに記者から触れられると、佐藤が「あんなヒモだったら飼いたいって人いるよ」と話し、川口も「まあね、かっこよかったら。結局女性は顔だからね(笑)」とドライにコメント。しかし、話が進むにつれて、ゆり子から翔への鉄拳制裁も増えてくるようで、窪田はキックボクシングで強化中の川口から「愛のムチを頂いております」と語って取材陣を笑わせた。

土曜ナイトドラマ『ヒモメン』は、毎週土曜23時15分からテレビ朝日系にて放送中。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス