サコッシュって知ってる?おすすめ8選とコーデ術

All About

2018/8/6 16:45

「サコッシュって一体何?」という方に向けて、サコッシュの特徴や魅力、おすすめブランド、そしてコーデ例をご紹介します。

1つは欲しい! 今人気沸騰中のサコッシュ

必要最低限の荷物が入るコンパクトなサイズ感で、近年男女問わず人気を博しているのが「サコッシュ」です。サコッシュは手軽でシンプルなので、普段使いにはもちろん、旅行や海、フェス、キャンプなど、屋外でのアクティビティで活躍してくれます。

とはいえ、「サコッシュって一体何?」という方に向けて、サコッシュの特徴や魅力、おすすめブランド、そしてコーデ例を紹介します。

サコッシュとは? フランス語で「袋」を指す、自転車競技用アイテム

サコッシュは、もともとフランス語で「袋」を意味し、自転車競技のときレーサーに渡すドリンクなどの補給物資を詰める際に使用されるショルダーバッグを指す言葉です。必要最低限の収納力と、中身の取り出しやすさを重視した作りで、極めて薄く軽いのが特長です。

もともとは自転車競技用のアイテムだったサコッシュですが、アウトドアメーカーやファッションブランドが、その機能性に着目して販売したところ、その圧倒的な便利さからおしゃれアイテムとしても市民権を得るようになりました。特に、メンズ小物として2016年ごろから火が付き、ここ数年は、レディースファッションでも人気となっています。

収納力と携帯性はもちろん、ファッション性の高さも見逃せないポイントです。スマホや財布を入れるのにぴったりのサイズなので、ちょっとしたお買い物などの街使いから、旅行時の手荷物バッグ、フェスやアウトドアの貴重品入れなどにも重宝し、一度使うと手放せなくなるはず。

次に、サコッシュのおすすめブランド4選とアイテムを8選ご紹介します。

PORTER(ポーター)のおすすめサコッシュ

日本の鞄メーカーである「吉田カバン」が、自社ブランドとして立ち上げた「PORTER(ポーター)」。「ポーター」とは、ホテルなどでお客様のカバンを預かる職業のことであり、カバンのよさをよく知っている者であるということから、ブランド名に起用。

「一針入魂」の日本の職人の精神と技術から、高品質で機能性に富みながらも、飽きのこないシンプルなデザインに仕上げられており、老若男女に愛されているのはご存知の通りです。日本国内に留まらず世界中に多くのファンを持つ、日本を代表するカバンブランドから、おすすめのサコッシュを紹介します。
ORTER JOIN SACOCHE 9000円(税抜)/PORTER(ポーター)
まず1つ目は、軽量かつ機能性に優れ、日常的な防水性も高い、タウンユースで求められる要素と実用性を兼ね備えたスタンダードなデザインのサコッシュ。シンプルなデザインながら、バランスよく盛り込まれたディテールは、日常使いに最適です。

シンプルなルックスながらも現代のライフスタイルにマッチした使い勝手を意識した作りになっています。内側にポケットがあるので、スマートフォンやパスケースなどの細かい身の回り品の仕分けもしやすくなっています。サイズは、W30cm×H22cmです。

PORTER GIRL CAPE SACOCHE(L) 9000円(税抜)/PORTER(ポーター)
こちらは撥水性に優れたナイロン素材が使用され、軽量に仕上げられサコッシュ。女性が使いやすいサイズバランスと機能性を取り入れ、タウンユースからトラベルまで幅広く使えるアイテムです。オリジナルで製作された表地のナイロンツイル生地は、細番手の糸を通常よりもさらに超高密度に織り上げているため、軽量で薄手ながらもコシがあり、サラッとした手触りと高い撥水性が特徴です。

また内装に肉厚なポリエステルツイル生地を採用し、表地と合わせて縫製することで全体的にふっくらとした質感に仕上がっています。メインファスナーを開けると、内装が3室構造になっており、小物の整理がしやすい仕様になっています。サイズは、W27cm×H20cmです。

GREGORY(グレゴリー)のおすすめサコッシュ

「GREGORY(グレゴリー)」は、カリフォルニアで生まれた世界的なバックパックブランドです。35年以上にわたり、最高の背負い心地と品質、機能性を追求した製品をつくり続けており、世界中の登山家から絶対的な支持を得ています。最近はタウンユースとしても使えるデザイン性を兼ね備え、老若男女問わずファンを魅了し続けています。そんなグレゴリーからおすすめのサコッシュを紹介します。

SACOCHE 3500円(税抜)/GREGORY(グレゴリー)
目を引く鮮やかなブルーにレッドのファスナーがアクセントになった、どこか懐かしさを感じさせるレトロな配色のサコッシュです。取り外しが可能な肩掛け用のナイロンコードもブルーで統一して夏っぽく。いつでも身につけておきたい貴重品や、出し入れが多いものを入れておくのに便利。アスレジャースタイルにはもちろんのこと、シンプルなコーデの差しアイテムとしても◎。サイズは、W23cm×H17cm×D1cmです。

SACOCHE LT M 4500円(税抜)/GREGORY(グレゴリー)※8月発売予定
上記の従来モデルのサコッシュを少し大きくしたタイプ。カバンというよりは、外付けのポケット的な存在です。財布や定期入れなどの貴重品を管理するのに便利。アウトドアブランドらしく、ショルダーストラップが細引きでつくられています。

自在結びが施されているので、長さの調節も自分の好みで細かくできるところが嬉しい。メッシュポケットが本体の外側に設けられているのも便利。秋冬の新色であるパープルグリーンは、いち早くチェックしておきたい。サイズは、W26cm×H21cmです。

mont-bell(モンベル)のおすすめサコッシュ

アウトドアファンの間で人気の高いブランド「mont-bell(モンベル)」。モンベルはフランス語で「美しい山」という意味ですが、日本のアウトドア総合メーカーです。「Light & Fast」「Function is Beauty」をコンセプトに、アウトドアウェア・登山靴・テント・バックパックなどさまざまな製品を展開しています。

子供用から大人用まで、機能性を備えつつデザイン性の高い商品を展開しているモンベルから、おすすめのサコッシュを紹介します。
 U.L .MONO ポーチ S 1429円(税抜)/mont-bell(モンベル)
軽量ながら引き裂き強度に優れた超軽量サコッシュ。ポケッタブル収納で、手のひらにすっぽりと収まるコンパクトなサイズ感です。旅先や登山の際の小物の収納はもちろん、街歩きの際にも重宝します。開口部にジッパーを設けてあるのが嬉しいポイント。テープの長さは調節可能で、余りは本体に収納できます。登山地図サイズに対応しています。サイズは、W19cm×H13.5cm×D3.5cmです。

U.L .MONO ショルダー M 1572円(税抜)/mont-bell(モンベル)
手のひらにすっぽりと収まる超軽量サコッシュ。B5サイズに対応しており、雑誌や書類、小物の収納に便利な横長形状です。開口部にはジッパー付き。テープの長さは調節可能で、余りは本体に収納できます。すこしマチがあるのもポイントで、サイズはW27cm×H19cm×D4.5cmです。

GU(ジーユー)のおすすめサコッシュ

最旬のトレンドアイテムから定番のベーシックアイテムまで、幅広いファッションアイテムをお手ごろプライスで購入でき、年齢を問わず幅広い世代に支持されているのが「GU(ジーユー)」です。そんなジーユーは小物にも力を入れており、サコッシュもその人気アイテムの1つとして登場しています。

サコッシュ 1490円(税抜)/GU(ジーユー)
こちらは、ジーユーで2018年7月より発売している新作のサコッシュです。ジーユーでは2017年から販売しており、今年はファスナー部分に止水テープを採用し、よりスポーティーなデザインとなって再登場しました。強度にも優れたCORDURA(R)Polyester素材を使用し、アウトドアやストリートスタイルにぴったりなアイテムです。サイズは、W28cm×H21cmです。

サコッシュ 1490円(税抜)/GU(ジーユー)
メンズバッグの新しいトレンドのサコッシュは、男性だけでなく女性からも支持を得ています。こちらは、シンプルなデザインでコーディネートを選ばず使えます。CORDURA(R)Polyester素材を使用した、アウトドアやストリートスタイルにぴったりなアイテムです。コンパクトながら収納性に優れているのが◎。取り入れるだけでアクティブな印象のコーディネートが完成します。サイズは、W28.5cm×H21cmです。

次に、「WEAR(ウェア)」で見つけた、サコッシュを使ったコーデ例を5点紹介します。

ガーリーコーデにキレイめサコッシュを投入して、タウンユースに

出典:WEAR
春夏トレンドのギンガムチェック柄がガーリーなタイトスカートに、白Tシャツを合わせたフェミニンコーデ。そこに、華奢なレザー風ショルダーがポイントのサコッシュと「VANS(ヴァンズ)」のスニーカーを合わせてカジュアルに転ばせているのがおしゃれ。サコッシュのポケットもクリアで、今年っぽいデザイン。アウトドアな印象のサコッシュですが、これならタウンユースでも活躍してくれます。

フラワープリントワンピ×ブラックのナイロン製のサコッシュで、大人カジュアル

出典:WEAR
繊細なフラワープリントで仕上げたヴィンテージライクなワンピースに、サコッシュを投入したコーデ。ワンピースは、ベーシックなカラーをベースにまとめた甘すぎないデザインで、大人カジュアルスタイルにぴったりな1枚です。タウンユースにはもちろん、リゾートシーンにも映えるワンピースです。

サコッシュは、ブラックのナイロン素材なので、どんなコーデにも合わせやすい。今年はTシャツやワンピースに、斜めがけで着用したスタイルがおすすめ。キャップとスニーカーを投入することで、ワンピースをカジュアルに着崩して、こなれ感を演出。

レザー風サコッシュ×ネイビーワンピースで大人っぽく

出典:WEAR
ネイビーのワンピースは、着心地のいいカットソー素材で作られた、夏にさらっと着られるタイプ。Aラインシルエットが女性らしく、簡単にこなれ感のあるスタイリングが完成します。そこに華奢なレザー風ショルダーがポイントのベージュカラーのサコッシュを投入して、大人っぽく落ち着いたスタイリングの完成。

チェック柄スカート×ブラックサコッシュでこなれ感をプラス

出典:WEAR
涼しげな印象のマドラスチェック柄のスカートに、「Hanes(ヘインズ)」のノースリーブTシャツを合わせた夏らしいコーデ。チェック柄スカートは、ひざ下丈のIラインシルエットで子どもっぽくならず、大人なスタイルにもマッチ。サイドジップでおなか周りはすっきりと仕上げ、トップスをインしたスタイルもきれいに決まります。

そこに、フロントポケットにメッシュ素材を配し、涼やかなニュアンスに仕上げられたサコッシュを投入して、今っぽく演出。

アスレジャースタイルには、サコッシュがベストマッチ

出典:WEAR
「UNIQLO(ユニクロ)」のクルーネックTワンピース×リブレギンスを合わせたアスレジャースタイル。ワンピースは、柔らかな素材感とゆったりめのシルエットで、リラックス感のある着こなしができます。一時期は下火になっていたレギンス合わせが、今季は復活。ブラックのナイロン素材のサコッシュは、どんなコーデにも合わせやすいので、1つ持っていると重宝します。

以上、サコッシュの特徴や魅力、おすすめブランド、そしてコーデ例を紹介しました。夏のお出かけにもぴったりなので、まだサコッシュを持っていない方は、ぜひ手に入れてみてくださいね!

===========================
【取材協力】
PORTER(ポーター)
GREGORY(グレゴリー)
mont-bell(モンベル)
GU(ジーユー)
WEAR(ウェア)
===========================
(文:遠藤 友香)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス