銀座で「夏野菜の冷製ジュレおでん」が堪能できる!


石川県のアンテナショップ「いしかわ百万石物語・江戸本店」(東京都中央区)はこのほど、「夏野菜の冷製ジュレおでん」「能登牛の冷やし肉うどん」の販売をイートインコーナーで開始した。販売は9月30日まで。

「夏野菜の冷製ジュレおでん」(550円)は、金沢おでんの名店「赤玉本店」の冷たい夏おでん。具はおくら、トマト、南瓜白玉棒、加賀太胡瓜、金時草湯葉巻を使用した。出汁はかつおベースのジュレ状になっている。

「能登牛の冷やし肉うどん」(900円)は、手延べうどんの上に甘辛く煮込んだA5ランクの石川県のブランド牛「能登牛」をのせたうどん。うどんは、つるつるしたのど越しとさわやかな食感が特長の「加賀金沢 鶴一屋」(石川県金沢市)の細うどんを使用している。

イートインコーナーの営業時間は、11:00~15:00(L.O14:30)、16:00~19:30(L.O19:00)。

そのほか、8月中には、石川県の食や伝統を体験できるイベントも開催する。8月11日の11時~17時には「はちみつしぼり」、8月26日の11時~13時、14時~16時には、「加賀ゆびぬき体験」を行う。

※価格はすべて税込

あなたにおすすめ