夏の甲子園に鳴り響くブラバン「U.S.A.」

8月6日に行われた夏の甲子園、強豪・作新学院と優勝候補の大阪桐蔭の一戦。この試合、野球部だけでなく、吹奏楽部による熱い戦いも注目を集めた。

大阪桐蔭は吹奏楽部も日本屈指の強豪として知られ、レパートリーの広さや新曲をいち早く披露して、甲子園応援最優秀賞を連続受賞するなど定評がある。この日、初戦を迎えたアルプス席では、NHK高校野球中継のテーマ曲であり解禁されたばかりの福山雅治「甲子園」や、DA PUMPの「U.S.A.」を演奏した。

だが、同じく吹奏楽部の強豪校である作新学院も負けてはいない。「オペラ座の怪人」や嵐メドレー、しかもABC夏の高校野球応援ソングであり「熱闘甲子園」のテーマソングである「夏疾風」を演奏するなど、野球の試合同様、一歩も譲らない熱演を見せる。

Twitterなどのネットでは「ブラバン甲子園最高!見応えも聴き応えもある」「すごい!U.S.A.、ダサくない!かっこいい!」「夏疾風やってくれたんだ!嬉しい」「9回の作新の応援、涙が出てくる……」「U.S.A.やるなんて、本当に流行に敏感。カモンベイビー桐蔭!」「夏疾風、大阪桐蔭もやったね」「作新のブラバンかっこいい」といった反応が寄せられている。

☆DA PUMPのDAICHIがコメント

大阪桐蔭が披露した「U.S.A.」の演奏に、DA PUMPのDAICHIがTwitterでコメントしている。

「地元、栃木県のスター 作新学院の皆さん とてもカッコ良くて輝いてました 大阪桐蔭の皆さん カモンベイビーTOIN ありがとうございました!! ぜひ優勝目指して頑張って下さい」

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ