『行列のできる法律相談所』馬場ももこへの辛辣な対応に「キツすぎて不快」と苦言も

しらべぇ

2018/8/6 14:30


(画像は馬場ももこ公式Instagramのスクリーンショット)

ハイテンションなキャラクターが「女子アナの概念を覆した」として注目を集めている、テレビ金沢の馬場ももこアナウンサー。

そんな彼女が、5日方法の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演。そこでの馬場アナに対する「辛辣な言葉の数々」に、視聴者から様々な意見があがっている。

■デヴィ夫人の「苦手な人」


「芸能界の1番いい人、そうでもない人」を実名で告白する企画で、デヴィ・スカルノ夫人は、「会いたくない人」として馬場アナをあげた。以前番組で共演した際のエピソードを紹介し、「とにかくうるさい。そのうるささが尋常じゃない」とコメント。

「同業者として(馬場アナを)どう思う?」と聞かれた徳島えりかアナウンサーは、「ノーコメント」とした。

■「イヤな子ね」


「えいえいおー!」の掛け声と共に馬場アナがスタジオに登場すると、デヴィ夫人は「イヤな子ね」と苦言。

その後、馬場アナがデヴィ夫人についてリサーチし、自ら作成した原稿を読み上げ、夫人の社会貢献活動などを紹介するも「非常に薄っぺらでした」と辛辣な評価が下されてしまう。

2人の親睦を深めるために、「金沢を案内するロケ」が提案されると「彼女と一緒だなんて拷問」とバッサリ切り捨てられてしまう始末。馬場アナが退場すると、「いい子なんですけどね」と、出演者からフォローの一言が入った。

■馬場アナに「頑張れ」「大人の対応」の声


「番組上の演出」であるとはいえ、辛辣な言葉を浴びせられてしまった馬場アナ。

その中でも、結婚を報告した徳島アナを改めて祝福したり、終始明るく振る舞った彼女の対応に称賛の声が送られているほか、彼女へのあまりに冷ややかな対応に苦言を呈する声があげられている。









「演出であり、そういった企画であると分かっていても、あたりがキツすぎる」とする声が目立つ。

■地元民からは「もったいない」の声も


また、日頃馬場アナが読むニュースを聞いているというユーザーからは、「馬場アナの良さが活かされていない」とする声も多数あげられている。







「女性アナウンサー」としての確かなスキルを称賛する声のほか、明るく飾らない人柄を評する声も。

「暴れ馬」とも称され、賛否両論を生んでいる馬場アナの個性的なキャラクター。強い風当たりに負けず、今後も人々に元気とニュースを届けてほしい。

・合わせて読みたい→馬場ももこアナで議論された「女子アナのあり方」 かわいければ問題ない?

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

あなたにおすすめ