【TIF2018】こぶしファクトリー、力強いパフォーマンスで“夏のこぶし”をアピール

GirlsNews

2018/8/5 22:30


8月3日から3日間に渡り、東京・お台場・青海周辺区で開催されたアイドルイベント『TOKYO IDOL FESTIVAL 2018』(TIF)の初日、ハロー!プロジェクトの5人組アイドルグループ「こぶしファクトリー」が、野外ステージ「SMIRE GARDEN」に出演した。

自らスタンドマイクを携えてステージに登場した5人のメンバーは、メジャーデビュー曲『念には念(念入りver.)」でライブをスタート。T・レックスばりのキャッチーなロックサウンドと、ドスの利いたボイスで観客のハートをグイと掴んだ。

セトリはファンにはお馴染みの人気曲が並び、『急がば回れ』ではクラップやメンバーの名を叫ぶファンたちの声が大きく響いた。3曲目はスタンドマイクを振り回し、こぶしを突き上げる姿が印象的な『明日テンキになあれ』。4曲目は、“夏のこぶし”を色濃く印象付ける『サンバ!こぶしジャネイロ』のリズムが広場の熱気をさらに熱くした。

最後は『シャララ!やれるはずさ』を披露。メンバーたちがこぶしを振り上げると、観客たちも大きく腕を振り回して気持ちを一つにし、20分ほどのステージを爽やかに締めくくった。

こぶしファクトリーは 8日に6thシングル『きっと私は/ナセバナル』を発売、22日には三浦海岸のOTODAMA SEA STUDIOで単独ライブを開催する。

あなたにおすすめ