性犯罪者、出所後に国費で治療 評価の一方で「甘すぎる」の声が出る理由

しらべぇ

2018/8/6 13:00


(KatarzynaBialasiewicz/iStock/Thinkstock)

4日、性犯罪者や薬物犯、窃盗犯など、同じ犯罪を繰り返す傾向があるとされる人々の再犯防止策として、満期出所した元受刑者らに対し、法務省が国費で治療を受けさせる制度を整備する方針を固めたことがわかった。

この方針に対し、ネットでは評価の一方で厳しい指摘の声も出ている。

■性犯罪者、薬物犯罪者らが治療の対象に


産経ニュース」によると、薬物治療や認知行動療法の対象となるのは、強制わいせつや強姦などの性犯罪のほか、薬物犯罪、窃盗などで服役した元受刑者。

これまで、再犯を犯す傾向が高い受刑者は、刑務所内で再犯防止のために指導を受けていたが、出所した後は具体的な対策は行なわれず、結果的に新たな犯罪に繋がるケースも多かった。

現在、法務省が検討を進めている新たな制度では、満期出所予定者に対して出所後に治療や認知行動療法を受ける意思があるかを確認。その後、居住予定地近くの医療機関を紹介するといった対応を取る予定とのこと。

■ネットでは一定の評価


この報道に対し、ネットでは一定の評価をする人が。

・国費で治療していく方針を示したことは評価したい

・性犯罪もだけど、薬物や窃盗もセットになってるのはいいね

■「任意」に「甘い」という指摘も


一方で、「任意」での治療ということに、「甘い」と指摘する人も少なくない。

・任意ではまだまだ甘い。犯罪者の権利より一般市民の安全を優先して下さい

・強制にしてくれないと意味ないよ。犯罪者の人権もあるだろうが、それを守って新たな被害者が出たら意味がない

・去勢、GPS埋めこみは必須

・性犯罪をやるような奴が任意で治療を求めると思う?

なお、世界では性犯罪常習者に対して、厳しい監視を行なっている国もある。

例えば米国の半分以上の州や韓国では、GPS端末を常習者に装着しており、これと比較したときに今回の法務省の方針が「甘い」と言われるのは、仕方がないかもしれない。

■7割が「GPSでの監視」に肯定的


性犯罪常習者にGPSを取り付け、監視することについて多くの人はどう思っているのか。この件に関し、しらべぇ編集部ではすでに意識調査を実施済み。

((C)ニュースサイトしらべぇ)

その結果、「居場所を管理すべきだと思う」と答えた人は46.4%、「理解はできる」が32.3%で、GPS取り付けについて肯定的な考えを持つ人は78.7%。昨今の性犯罪増加を受けてか、かなり高い割合になっている。

「魂の殺人」とも形容される性犯罪だが、それをめぐる対応は、まだまだ揺れているのが現実のようだ。

・合わせて読みたい→新潟県選出議員が法務大臣に提案 性犯罪者のGPS監視はありなのか

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,329名 (有効回答数)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス