TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』、第5話のあらすじ&先行場面カット


2018年7月から放送開始となるTVアニメ『京都寺町三条のホームズ』より、第5話「失われた龍」のあらすじ&先行場面カットが公開された。

○●TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』、第5話のあらすじ&場面カット

■第5話「失われた龍」
秋。副住職から南禅寺に呼ばれている清貴。番組の取材で南禅寺に行きたい秋人。妖怪が出たことで知られる寺に二人連れだって向かう。
──龍を頂戴いたしました。そう書かれていた手紙の相談を受ける清貴。精巧な偽物を作る贋作師と、偽物を見破る鑑定士。二人の因縁がここに結ばれる。
「どんな贋作が出てきても、叩き斬ってやるまでです」

TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』は、テレビ東京・テレビ大阪ほかにて放送中。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)望月麻衣・秋月壱葉/DEF STUDIOS
(C)「京都寺町三条のホームズ」製作委員会

あなたにおすすめ