影響は? 台湾にあるiPhoneのCPU工場、コンピューターウイルスで稼働停止

かみあぷ速報

2018/8/6 12:00


iPhone用プロセッサを製造している台湾TSMCの一部工場が、なんとコンピューターウイルスに感染して一時停止したそうです。

■次期iPhoneへの影響は不明ですが…


台湾TSMCは3日にウイルス感染したそうですが、一部工場のうちすでに復旧。残りの工場に関しても6日までに復旧する見通しとのこと。

ウイルスはハッカーによる攻撃ではないそうです。どうやら新ツールのソフトウェアをインストール中に誤作動が発生したのが原因だ……と声明で伝えていました。



台湾TSMCはiPhone Xの「A11 Bionic」チップを製造していますし、次期iPhoneのチップ製造も行っていると報じられています

こうなるとやはり気になるのは新iPhone製造への影響ですよね。

影響について詳細な発表はありませんが、ウイルス感染中は生産ラインが止まったそうなので出荷遅延などが心配されています。ただTSMCは声明の中で、収益への影響は3%ほどだと見積もっている、とも伝えています。



次期iPhoneへのはっきりとした影響は不明ですが、遅れが出なければいいですね……。

あなたにおすすめ