宇垣アナ、闇キャラ批判に反論 「私には私の地獄がある」に共感の声が相次ぐ

しらべぇ

2018/8/6 12:30


((C)ぱくたそ)

TBS・宇垣美里アナウンサーが5日に同局放送の『サンデー・ジャポン』で「闇キャラ」を披露。見た目の美しさとのギャップが話題になっている。

■「ぶりっ子」「闇キャラ」に批判の声


アイドルのようなルックスで小動物のような愛くるしさをもつ宇垣アナだが、アヒル口や頬を膨らませたりと、一部では「ぶりっ子」疑惑が指摘されることがある。男性ファンからすれば嬉しいかぎりだが、女性から「あざとい」と反感を買っていることも事実だ。

また、7月29日の放送では、「生きていて申し訳ない気持ち」と闇キャラ全開のトークを展開した。「ぶりっ子」「闇キャラ」という相反しそうな2つのキャラクターがネット上で話題に。新たな魅力に沸く声もあれば、批判的な意見も寄せられていた。

■「人それぞれに地獄がある」


5日の放送で最近あった嫌なことを聞かれた宇垣アナは、ネット上で「どうせまた新しいキャラクター作ってんだろう」「いやいや生きててすみませんなんて思ったことないでしょう」と批判されていると答える。そういった声に「『じゃあ、代わる?』という気持ちになる」と不満を明かす。

そして、「人それぞれに地獄があると思うんですよ。私には私の地獄があるし、あなたにはあなたの地獄があるのだから『他の人には幸せしかない』なんてそういう風に思わないでよと思いますよね」と持論を展開。「わかんないんだな~みんな…」と語った。

■「すごく深かった」「強く生きてる」


「私には私の地獄がある」という宇垣アナの発言に、ネット上では多くの共感の声が寄せられた。






■美人は人生イージーモード?


称賛の声があがる一方で、「宇垣アナの顔なら代わりたい」「それだけカワイイ顔なら人生イージーモードだろ」という声も寄せられている。

しらべぇ編集部が全国20~60代の容姿端麗な男女263名に「人生」について調査したところ、4割が「美人・イケメンに生まれて人生楽だった」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

男女・年代別で比較すると、全年代で女性のほうが割合が高い。とはいえ、半数を超えているのは20代女性のみとなった。宇垣アナの言うように、美人にも美人の地獄があるのかもしれない。

ぶりっ子、闇キャラでブレイクしている宇垣アナ。このキャラクターも彼女の苦労の末の結果なのだろうか。

・合わせて読みたい→美人なのに男性から嫌われる女性 その理由に共感が相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
対象:全国20代~60代の容姿端麗な男女263名(有効回答数)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス